Translate

2013/03/28

気象データを読んでみる

少々必要に迫られて生の気象データを読んでみました。
気象データって、基本的にテキストデータなので、メモ帳とかエディタで開けば中身を読むことができます。

Meteonorm

まずはMeteonorm(tm2)形式。
これはムリ((+_+))読めん。

テキストデータですが、まるで読む気にならないフォーマットです。ちゃんと定義を調べりゃ読めるはずですが、これ完全にプログラムで読むことしか考えてないですね。肉眼で読むのはキツイ。

EPW

気を取り直してEPW形式のファイルを開けてみる。
これもムリ((+_+))
Meteonormに比べれば、多少は読めますが、やっぱり定義と突き合せないと読めそうにないです。
仕方ないので(仕方なくもないが)フォーマット形式を調べてみると。。。
これが、どうも正式にドキュメント化されたものが無いっぽい。
参考↓
https://sam.nrel.gov/content/epw-weather-file-format

みんなどうやってプログラム書いてるんだ?
単にデータを見たいだけならNRELのツールを使えとコメントがあるので、早速ダウンロードしてみました。

NREL DView

インストールして、EPWを読みこませて表示。
 なるほど。気象データの項目が全部表示できる。これはこれで便利。
必要であればテキストに書き出しもできる。
ひとまず、これでデータの内容は確認できるので、生データの解析はできそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿