Translate

2012/08/29

TRNSYSのコンポーネントライブラリ


TRNSYSの特徴の一つにモジュラー構造があります。コンポーネントと呼ばれるモジュールを追加することで、機能を拡張することができます。

標準でかなりの数のコンポーネントが用意されていますが、それ以外にも、複数の会社、組織からコンポーネントライブラリがリリースされています。

有償、無償含めて、あちこちで公開さていますが、オフィシャルサイトでは標準ライブラリを含め、すべてのライブラリのリストが公開されています。 

 TRNSYS.COM  Libraries

このサイトから、各ライブラリの詳しい情報へのリンクが貼られています。コンポーネント詳しい資料なんかも参照できますから、特殊な計算が必要な場合など、ここから調べることができます。

以下、このURLで紹介されているライブラリの概要です。

TRNSYS Standard Components

TRNSYS標準添付のコンポーネント。
シミュレーションに必要な一般的なコンポーネント。 

TESS Libraries

TESS社が開発、販売するコンポーネント。設備関係が充実しています。

TRNLIB Components

ユーザーが作成、公開している無償コンポーネント。 

TRNAUS Components

オーストラリアのTRNSYS15ユーザー向けライブラリ。(TRNSYS17対応作業中) 

Transsolar Non-Standard Components 

ドイツ、TRANSSOLAR社が開発、販売する設備関係のコンポーネントライブラリ。


しかし、主だったのは知っていたけど、TRNAUSっての知らなかった。あちこちでいろんなものが開発されているんですね。


やろうと思っている計算に、なーかなかジャストフィットするコンポーネントが見当たらないときには、こういうところから探してみるのも一案です。


0 件のコメント:

コメントを投稿