Translate

2013/06/28

ドキュメント読んでも、やっぱりわからん

前回、TRNSYSのドキュメントの話を書いたのになんですが、読んでも分からない事ってありますよね?

身もふたもない書き出しになってしまいましたが、でも、中身以前にどう使うのか、良くわからないケースや、使い方が正しいのか確信が持てないとか。。。

そういう時、これも良くしたもので、実際に動作するサンプルが多数用意されています。ちょっと癖のある(って言っていいのかな?)コンポーネントの使い方が解らない時など、まずは試してみるのがおススメです。

標準サンプル

TRNSYSに標準で用意されているサンプル。

フォルダ: C:\TRNSYS17\Examples


30数個のサブフォルダに分かれてます。シンプルなモデルが多いので、基本的な動作を確認するのに役立ちます。

オプション製品

具体的にはTESS Component Libraryになりますが、これも大量にサンプルが用意されています。

フォルダ: C:\Trnsys17\Tess Models\Examples


15個のサブフォルダに分かれてます。一見、標準のサンプルに比べて数が少ないように見えますが、それぞれのフォルダに複数のプロジェクトを格納しているので、かなりの数に上ります。

TRNSYS-USERS MLなんかも。。。

いろいろ調べて、いまいちピンとこないときはネットで検索してみるのも手です。

個人的にまとめられているケースもありますが、圧倒的に情報量が多いのはTRNSYSのメーリングリスト、TRNSYS-USERSです。実際に使っているユーザーが質問のやり取りをしているので、なにかと貴重な情報源になります。

私がよくやるのはメーリングリストのタイトル"TRNSYS-USERS"と、調べたいキーワードを並べて検索するやり方です。

例)Type56のRadiation modeについて調べる

TRNSYS-USERS Type56 radiation mode


この例のように、キーワードに関連した検索結果が大量に表示されます。

ところで、引っかかってきた投稿を読むと、かなりの確率で、同じような質問に遭遇することがあります。やっぱり分かり難いポイントは世界共通のようです。



0 件のコメント:

コメントを投稿