Translate

2014/06/24

TRNSYS関係のリポジトリを作成しました

TRNSYS.JPリポジトリ

以前に公開したTRNSYS関係の投稿やスクリプトなどのデータをGithubのリポジトリにまとめました。

TRNSYS.JP
https://github.com/yuizi/TRNSYS.JP


ひとまず以下のデータを登録しています。
・TRNSYS入門(Word形式)
以前に書いた、投稿をまとめてWord形式のドキュメントにしてあります。

・SketchUpのスクリプト(Ruby)
TRNSYSのBuiファイルから形状を復元してみる
TRNSYSのBuiファイルから形状を復元してみる(つづき)
TRNSYSのBuiファイルから形状を復元してみる(つづき、その2)


・エディタNotepad++の言語定義
TRNSYSのDckファイルを見やすくする
TRNSYSのBuiファイル(*.b17)を見やすくる

使い方

githubに登録して改良するのもありですが、単にダウンロードして使うのもありです。
リポジトリのurlへアクセスして、画面右下の「Download ZIP」をクリックするとZip形式で一式ダウンロードできます。
使い方については、それぞれフォルダごとにReadmeを用意してあるので、そちらをご参照下さい。

ライセンス

ライセンスはクリエイティブ・コモンズで、基本的に好きに使えて、改変も自由(非営利の場合)、再配布は同じ条件にしてあります。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
quattro corporate design Co., Ltd. 作『TRNSYS.JP Library』はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。
このフォルダに含まれるすべてのデータは非営利の利用に限定していますが、企業などで自習、参考資料などの目的で使用される場合を除きます。 その他の目的で商用利用が必要な場合は個別にご相談下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿