Translate

2015/09/17

TRNSYSで定数を扱う

TRNSYSではCONSTANTSキーワードを使って、定数を扱うことができます。

これどういうときに便利かというと、直感的に分かりにくい定数や、共通で設定したいパラメーター、もしくは値を変えて計算を繰り返したい場合に使用します。

例)タイムステップを定数で設定する

1. Control Cardsの画面で、Simulation cardsの項目へ次のように記述します。

CONSTANTS 1

TIMESTEP=1/60

2. Simulation time step のUnitをStringに設定する

3. Simulation time stepのValue に宣言した定数(TIMESTEP)を入力する

NewImage

これでタイムステップ 1/60 Hour(1分間隔)として計算が行われます。

定数はControl Cardsの他、コンポーネントのパラメータでも利用できます。同じコンポーネントを複数使用しているプロジェクトなどでは、定数を使って、共通のパラメータをまとめて設定することができます。

注:定数で入力した計算式はシンプルに左から右へ評価されます。(例えば、1/60+5と5+1/60は全く違う値になるので注意してください)

 

 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿