Translate

2016/06/30

TRNSYSで方位別日射量を計算してみる

たまに特定の方位の日射量が必要な事ってないでしょうか?例えばダイレクトゲインでどれぐらい日射量が期待できるか検討するとか。こういう計算は気象データリーダーを使うと割と簡単に計算&出力することができます。

例として、東西南北の鉛直面の日射量を計算してみます。使うのは気象データリーダーと出力用のコンポーネント1個の計2個。

まずは気象データリーダーをぽいっと配置。

2016-06-30_08h51_35

気象データリーダーには傾斜面の日射量を計算する機能があります。ダブルクリックして、Inputsタブの下の方を見ると、傾斜面の数を指定する項目があります。
既定では"1"になっているので、まずここを"4"へ変更して東西南北4面の計算ができるようにします。

2016-06-30_08h54_12

図は"4"へ変更してSlope(傾斜角度)とAzimuth(方位)を設定した後の画面です。既定の状態から項目数が増えています。

2016-06-30_09h00_33

ちなみに方位ですが、南が0°で時計回りに0~360°で指定します。

image

つぎに出力用にOnline Plotterをぽいっと配置して気象データリーダーと接続します。

image

コンポーネント間の接続は図のように東西南北面の日射量を出力するようにつなぎます。

image

実行してみたのが下の画面です。東西南北の日射量がプロットされているのが分かります。

image

今回はType99-AMeDASを使っていますが、他の気象データリーダーでも同じように傾斜面日射量を計算できます。海外のデータなんかと比較してみるのも面白いかも知れません。

0 件のコメント:

コメントを投稿