Translate

2017/11/22

TRNSYSのエラーメッセージの読み方と対策

TRNSYSの計算実行に表示されるエラーメッセージと対策について。

Simulation Studioでプロジェクトを実行すると以下のようなメッセージが表示される事があります。

image

One error was found in the deck.
Check the listing file for more information!

このメッセージは、ひとまず何らかのエラーが発生したので、詳細はリストファイル(.lst)の参照を促しています。
ちなみに、このメッセージで”the deck”と言っているのは、Simulation StudioからTRNSYSの計算エンジンへ引き渡しているdeckファイル(.dck)の事を指しています。ここでは詳しく説明しませんが、Simulation Studioはdeckファイルを作るだけで、計算自体はTRNSYS本体(TRNEXE.EXEというプログラム)が行っています。

リストファイル(.lst)

TRNSYSが計算中のログやエラーメッセージを書き出すファイルです。デフォルトではプロジェクト名と同じ名前で、拡張子.lstで書き出されます。テキストファイルなので、直接メモ帳で開いて確認することもできますが、エラーには直接関係しないログや警告メッセージなども含まれるため、読み解くには慣れが必要です。通常はSimulation Studioにリストファイルの内容を整理して表示する機能が用意されているので、そちらを使って詳細を確認します。
TRNSYS18では上記のメッセージでOKボタンをクリックすると、自動的に整理された情報が表示されます。
image

TRNSYS17ではSimulation Studioのツールバーからアイコンをクリックして表示します。

image

情報の読み方

下図は先ほどの画面を拡大した物です。いくつかの項目に分かれて情報が表示されています。

image

Severity
メッセージの種類。Error,Warning,Noticeのいずれかになります。Error以外は直接的なエラーの原因ではないので、ひとまず無視してもOKです。(Warningも一定数を超えると、問題ありと見なしてTRNSYSが計算を停止することがあります。あまり多い場合はなにか問題が潜んでいます。)

Time
メッセージが書き出された時刻(通し時間)この例では0.000なので計算開始時点で発生しています。計算の途中で発生しているようであれば、その期間に条件指定されている設定が原因の可能性が高くなります。例えば、夏期にエラーが発生しているのであれば、冷房の設定などに問題がある可能性があります。

Unit
メッセージを書き出したTypeのUnit番号。Simulation StudioでTypeを配置した段階で、自動的に割り当てられます。確認する場合はキーボードの[F2]を押すとTypeのアイコンとともに表示されます。
同じTypeを複数配置している場合に、該当するTypeを特定する手がかりになります。

参考:TRNSYSコンポーネントのType No. を確認する

Type
メッセージを書き出したType番号。この例ではType65が書き出しています。Type65に何らかの原因がある事になります。

Message
メッセージの本文。エラーであれば原因に関しての詳しい説明が表示されます。

対策

上記の⑤の部分は以下のようなメッセージになっています。

TRNSYS Message    431 : An error occurred when trying to access the output file. The specified file must not be currently in use by another application and (if specified) must be in a directory that currently exists. Please check the file ASSIGNment for this unit/type, and re-run the simulation. This error can happen if the file accessed is locked by another application such as MS Excel. It can also occur if the printed values are outside the range set by a FORMAT statement in the code. In this case stars (*) are printed to the output file istead of numbers.
     Reported information  : Not available

指定された出力ファイルにアクセスできない。他のアプリケーション、例えばExcelでロックされている可能性がある。と言っています。
実際、計算結果をExcelで開いたままにしているケースは良くあります。こういう時は出力ファイルを開いているExcelを閉じれば解決です。

その他のエラー

使用しているTypeや組み合わせによって様々なエラーの原因が考えられます。上記のように発生するTypeや時刻、エラーメッセージを参考に原因を特定します。
原因が特定できない場合は、単純に設定を変えて状況が変わるか検討する方法もあります。例えばパラメーターの値を大きな値や小さな値に振ってみるとか。上記の例でいえば、なにか出力先のファイルに問題があるのは明らかです。ファイルの名前や、フォルダを変更して試してみると良いでしょう。

2017/11/22追記

TRNSYS-USERSを参照する

TRNSYSのメーリングリスト、TRNSYS-USERSにはエラーを含め、使い方や計算方法についての過去の質疑が蓄積されています。ここでエラーメッセージを検索すると、かなりの確率でログがヒットします。エラー原因を検討する際には非常に有用です。

参考:TRNSYSの情報はここがおすすめ


ヒント

メッセージの部分をダブルクリックすると、該当するTypeの設定画面を表示することができます。(下図)Typeが何十個と配置されているような複雑なプロジェクトでは、直接設定画面へ行けるので効率的に作業できます。

image


動作環境

以下の環境で動作を確認しています。

Windows10 Pro(64bit)
TRNSYS18.00.0015(64bit)

2017/11/01

TRNSYS18のデモ版が公開

trnsys.comのサイトでTRNSYS18のデモ版が公開されています。

TRNSYSを試してみたい、TRNSYS18の新機能をバージョンアップ前に試したいといった向きにお勧めです。お試し下さい。

Overview - Demo | TRNSYS : Transient System Simulation Tool

このサイトからインストーラーをダウンロード、インストールして起動すると、最初に下図のような画面が表示されます。

image

This is a demo-version – restrictions apply.
Contact your TRNSYS distributor for more information.

これはデモ版です - 制限が適用されます
詳しくはTRNSYSの販売代理店までお問い合わせください


ということで、解説しましょう。

デモ版の制限事項

以下、制限事項(TRNSYS18デモ版のリリースノートより)

TRNSYSのデモ版は、評価の目的のみを対象としています。
・このデモ版はTRNSYSバージョン18.00.0015に基づいています。
・有効期限は2018年9月30日までです。
・作成できるプロジェクトにはいくつかの制限があります。
・デモ版のプロジェクトではコンポーネントは5つまでに制限されます。
・多数室モデル(TRNBuild)のプロジェクトでは、Airnodeは2つ、Windowは3つ、昼光コントロールタイプ(Daylight control type)は2つ、昼光センサーポジション(daylight sensor position)は2つまでに制限されます。
・サンプルプロジェクトは、記載されている制限に準拠していなくても、修正なしで実行可能です。

その他、記載されていませんがドキュメントなども基本的な部分に限られます。ソースコードも添付しませんが、基本操作や機能を確認するには十分な仕様になっています。新しく追加されたTypeStudio(専用FORTRANコンパイラ)もお試しできます。

さらに詳しい情報については、TRNSYS概要か、こちら(お問い合わせ窓口)までお問い合わせください。

余談

リンク先からダウンロードして、インストーラーを起動すると下図のようなウィンドウが表示されて、ちょっとびびります。(ネットからダウンロードすると、OSによってはセキュリティ上の制限で表示されます。

「実行しない」ボタンのみで、途方に暮れますが、こういう時は「詳細情報」をクリックしてください。

image

「実行」ボタンが表示されるので、ここをクリックしてインストールを始めて下さい。

image

動作環境

以下の環境で動作を確認しています。

Windows10 Pro(64bit)
TRNSYS18デモ版(18.00.0015/64bit)