Online Plotter Type65 の使い方

Type65 Online Plotterのアイコン

Type65の種類と使い分け

計算結果の出力に何かと便利な Online Plotterこと、Type65には複数バージョンが用意されています。慣れないうちは、どれを選んで良いのか不安になる箇所でもあります。

少しずつ動きかが違うので、簡単にまとめると次の表のようになります。

image

基本的には、ファイル出力するか、しないかの違いです。さらに、ファイル出力する場合は、一緒に単位系を書き出すか、書き出さないかの違いになります。

どれにするか悩んだときは、ファイル出力も、単位もまとめて処理する全部入りのType65cがオススメです。

以下、いくつか補足です。

ファイル名

デフォルトのファイル名は「プロジェクト名」+「.plt 」になっています。例えば、プロジェクト名が Begin.tpf では、出力されるファイル名は Begin.plt になります。

ファイル形式はスペース区切で出力されます。そのままだとExcelで扱いにくいので、一般的になCSV形式に変更しておくのがオススメです。

参照:「TRNSYSの計算結果をCSV形式で保存するTIPS

複数配置

Type65って複数配置しても、画面を集約して表示します。図のようにタブ形式で配置されたType65を表示します。

図のようにType65を2個配置して実行すると。。。

Simulation StudioへType65を複数配置

配置されている個数分だけグラフがタブ表示されます。

Type65を複数配置したグラフ表示
Online Plotterの表示例

デフォルトは名前がすべて”Graph 1”になります。Type65を複数使う場合は、区別が付きやすいように名前を変更しておきましょう。設定は「Special Cards」タブで行います。(下図)

ここで設定した名前が、グラフのタブに表示されます。

Type65 Online Plotterの設定画面

動作環境

以下の環境で動作を確認しています。

Windows10 Pro(64bit, 1809)
TRNSYS18.01.0001(64bit)

TRNSYSで使えるワイルドカード

タイトルにワイルドカードって書いて、ふと思ったんですが、今時コマンドラインを使うケースも少ないので「ワイルドカードって何?」ってな感じなんじゃ無いだろうか?

カードって言ったらなにを連想します?クレジットカード?トレーディングカード?

情報処理用語でワイルドカードと言ったら特殊文字のことなんですが、通じるかな?

詳しくはこちら→Wikipedia:ワイルドカード

話が横道にそれましたが、TRNSYSで使えるワイルドカードのお話です。

TRNSYSの出力系のコンポーネントの多くでは出力先のファイル名にワイルドカードが使えるようになっています。

以下、Type65(Online Plotter)の例ですが、出力先として既定では”***.plt“が指定されています。この”***“は、計算実行時にDckファイルと同じ名前に置き換えられて出力されます。

計算を実行した後にフォルダの中身を確認すると”***”の部分がDckファイル名、ここではCase_A.dckを実行しているので、”Case_A“に置き換えられて出力されているのがわかります。

この指定が便利なのはDckファイル名が変われば、出力されるファイル名も自動的に変わる点です。シミュレーションをやっていると、あれこれパラメータを変更して計算結果を比較したいケースってありますよね?そういう時に出力先のファイルが同じ名前で上書きされてしまっては面倒です。

先ほどのCase_Aを別名保存Case_Bという名前で保存して実行してみましょう。

あれ?同じ名前で上書きされている。

これ、結構陥りやすい罠で、”***”の部分が置き換えられるのは“DCKファイル”の名前です。ついついSimulation Studioで*.tpfを別名保存したら反映されるような気になってしまいますが、違います。

じゃ、Dckファイルの名前はどこで決まるかといえばControl Cardsの中で設定されています。

この部分を”Case_B.dck”に書き換えてもいいのですが、ここもワイルドカードで”***.dck“のように指定することが可能です。

こうしておくと、*.tpfの名前に合わせてDckファイルの名前も変更してくれます。この例ではCase_B.tpfという名前なので、Dckファイルの名前もそれに合わせてCase_B.dckという名前になります。でもって玉突き式に出力のファイル名もそれに合わせてCase_B.pltになります。

再度実行してみると、今度はちゃんと思惑通り、”Case_B.plt”という名前でファイルが出力されました。

まとめると、以下の2箇所でワイルドカードを指定しておけば*.tpfの名前に合わせて出力するファイル名も自動的に変更されます。

  • Control Cards/Deck file name
  • 出力用コンポーネント(Type65,Type25など)

計算内容を複数検討したい場合に憶えておくと便利な機能です。

おまけ

出力先のファイル名をワイルドカードを使って、以下のように指定することもできます。

例)***_Tair.plt

こうすると、出力ファイルが複数ある場合も区別しやすくなります。

TRNSYS/Online Plotterの便利な使い方

TRNSYSの計算結果を表示するのに定番で利用されるOnline Plotter。これのちょっと便利な使い方の紹介です。

Online Plotterでは結果がグラフで表示れるので、値の変化を見るのにはいいのですが、値をちゃんと確認したいときはちょっと困りものです。表示されている軸を見ながら、だいたいの値の読み取ることになります。

こんなときキーボードのShiftを押したままにすると、マウスのポインタの位置に白い縦棒が表示されます。その状態でポインタを動かすと、凡例の部分の値が、ポインタの位置に応じて表示されます。

正確な値を、ちょっと確認したいときに重宝します。

TRNSYSの計算結果をCSV形式で保存するTIPS


2011/9/27追記 
Excel使うならこちら「TRNSYSのシミュレーション結果をExcelで表示する」の方が使いやすいかも。

TRNSYSの計算結果をType65cやType65aを使って出力する場合のちょっとした工夫です。

ファイルに出力した結果をそのまま使うケースもありますが、たいていはExcelなどで表やグラフに加工して利用する場面が多々あります。そんな場合に設定をちょっとだけ変えてあげるとExcelで扱うのが簡単になります。

  • ファイル名の変更

既定では***.pltという独特の拡張子になっています。この拡張子を.csvへ変更します。拡張子を変更すると、ダブルクリックでExcelで直接開けるようになるので、作業が楽になります。

また、ファイル名も分かりやすい名前に変更しておくと良いでしょう。

  • デリミタをカンマに変更する

ファイルに書き出される値の区切りが既定ではブランクになっています。これをそのままExcelで読み込むと、一行分のデータが1個のセルに読み込まれます。もちろんExcelで読み込む際にちゃんと区切り位置を指定すればOKなんですが、何度もシミュレーションを繰り返しす時など、読み込む作業だけでも面倒になってきます。

ここでデリミタをカンマ(2)に変更してあげるとExcelが区切り位置を判定してくれるので、面倒がまた一つ減ります。ちなみにデリミタの設定はType25でも同じように行えます。

2017/11/16 
動作環境を追記

動作環境

以下の環境で動作を確認しています。

Windows10 Pro(64bit)
TRNSYS18(18.00.0015/64bit)