TRNLizardを試す(1)

Rhino/Grasshopper、TRNLizardのセットアップが終わったら、次はいよいよTRNLizardを使って見ます。

まずは単位系の設定

Rhinoを起動したら、Units コマンドで単位系、絶対許容差の設定行います。

モデル単位:メートル
絶対許容差:0.00000001 ←小数点以下にゼロが7個、入力し終えると 7e-08 に変わればOK

Unitsコマンドで単位系、絶対許容誤差を設定する
Unitsコマンドで単位系、絶対許容誤差を設定する

テンプレートして保存しておくと便利

毎回この設定をやるのも面倒なので、テンプレートとして保存しておくと、次回からテンプレートを選ぶだけで済みます。

メニューから ファイル > テンプレートとして保存 を選んで、適当な名前で保存します。

(例、TRNLizard – Meters )

テンプレートとして保存する
テンプレートとして保存する

TRNLizardのコンポーネントを配置する

計算用のテンプレートがTRNLizardは用意されているので、それを使って計算用のモデルを用意します。まずは、grasshopperを起動して、TRNLizard タブのトカゲのアイコンをドロップします。(同じアイコンが2個ありますが、今回は右側のアイコンを選んでいます)

トカゲのアイコンをドロップ
トカゲのアイコンをドロップ

ドロップしたアイコンはGrasshopperのクラスターになっています。これをダブルクリックすると、TRNLizardのコンポーネントが展開されます。

ブルクリックでTRNLizardのコンポーネントを展開
ダブルクリックでTRNLizardのコンポーネントを展開

クラスターのままでは計算できないので、すべてのコンポーネントをクラスターの外へコピーします。
キーボードから Ctrl+A ですべてのコンポーネントを選択してクリップボードへコピー(Ctrl+C)つづいて、ボックスのアイコンをクリックして、Return to Parent を選んでクラスターを閉じます。

コンポーネントをすべてクリップボードへコピーしたらクラスターを閉じる
コンポーネントをすべてクリップボードへコピーしたらクラスターを閉じる

クラスターの外へ戻ったら、クリップボードからコンポーネントを貼り付け(Ctrl+V)します。

無事にコンポーネントが貼り付けできたら、、元々のアイコン(クラスター)は不要なので、削除しておきます。

クラスターのアイコンを削除する
クラスターのアイコンを削除する

この段階では、データが無いので、コンポーネントが赤く(つまりエラーの状態)で表示されています。

データがないためコンポーネントが赤く表示される
データがないためコンポーネントが赤く表示される

と、ここまで書いてチカラ尽きたので、続きは次回。。。

TRNLizardをセットアップする(2)

前回はRhino/Grasshopperのインストールまで終わったので、いよいよTRNLizardのインストールです。

TRNLizardを準備する

Transsolar社のサイトのTRNLizardのページのダウンロードのリンクを辿って、food4RhinoのサイトからTRNLizardをダウンロードしてインストールします。

Transsolar社のTRNLizardのページ
Transsolar社のTRNLizardのページ

food4Rhino

ここからTRNLizardをダウンロードします。(はじめてダウンロードする場合、ユーザー登録が要ります。)

food4RhinoのTRNLizardのページ
food4RhinoのTRNLizardのページ

TRNLizardのインストール

ダウンロードしたファイル(Zip形式)を解凍すると、大量のGrasshopper User Object ファイルが展開される。

TRNLizardのGrasshopper User Object ファイル
TRNLizardのGrasshopper User Object ファイル

で、これをどうするのかと思ったら、専用のフォルダにコピーすればOKらしい。
Grasshopperのメニューから File > Special Folders > User Object Folder を選んで専用フォルダを開く。

User Object Folder を開く
User Object Folder を開く

開いたフォルダに展開したファイルをすべてコピーする。

TRNLizardのファイルをすべてコピーする
TRNLizardのファイルをすべてコピーする

するとこの時点で、GrasshopperにTRNLizardのタブが追加され、TRNLizardのアイコンが表示されます。

TRNLizardのタブにアイコンが表示される
TRNLizardのタブにアイコンが表示される

早速アイコンをドラッグして配置してみると。。。

エラーだとおぉ!

Pythonのエラーメッセージ
Pythonのエラーメッセージ

メッセージを見ると、 Python Interpreter がインストールされていないのが原因のようです。(Pythonインタプリタってオプションなのか?)調べてみると、food4Rhinoで公開されている GhPython がそれらしいので、これもインストールします。

food4Rhinoから GhPythonをダウンロードする
food4Rhinoから GhPythonをダウンロードする

GhPythonをインストール

上記のサイトからghpython2(ghaファイル)をダウンロードして、これも専用フォルダへコピーすればOK。(TRNLizardとはフォルダが違うので注意!)Grasshopperのメニューから File > Special Folders > Components Folder を選んで専用フォルダを開く。

Components Folder を選んで専用フォルダを開く
Components Folder を選んで専用フォルダを開く
GhPythonのファイルをすべてコピーする
GhPythonのファイルをすべてコピーする

ここで注意点。ネットワークからダウンロードしたファイルはアクセスがブロックされているので解除しておきます。エクスプローラーの画面でghpyhton2を選択して、右クリックでプロパティを選択して、「ブロックの解除」をチェックします。

ファイルのブロックを解除する
ファイルのブロックを解除する

TRNLizardを起動

Rhino,Grasshopperを再起動して、TRNLizardのアイコンを配置すると。。。おおっ!なんかそれっぽい画面が展開された!

TRNLizardの起動画面
TRNLizardの起動画面

どうにかTRNLizardのセットアップが完了したので、次は実際に動かしてみます。つづく。

動作環境

Windows10 Pro(64bit)
Rhinoceros5(64bit) 5 SR14 64-bit
(5.14.522.8390, 05/22/2017)
Grasshopper 0.90076, GhPython 0.6.0.3
TRNLizard(trnlizardpackage201704.zip)
TRNSYS18.00.0014(64bit)

TRNLizardをセットアップする(1)

TRNLizardとは?

TRNSYS18からサポートされるRhinoceros/Grasshopper Pluign。どうも建物形状をパラメトリックに変えながらシミュレーションができるようです。いわゆるパラメトリックスタディのツールのようですが、いかんせんリリースされたばかりで使い方が分からない。そもそもRhinocerosもGrasshopperも未知の世界なので、ちょっと困っています。

窓や庇の形状をパラメトリックに変えながらシミュレーションもできたら、それはそれで複数の条件をあれこれ組み合わせて試せるのは嬉しい。建物のデザインする人、特にパッシブデザイン方面には向いていそうです。

と言うことで、まずはセットアップから始めてみます。

何はなくともRhinoceros

ひとまず評価版をダウンロードしてインストール。と、ここまでは、問題なく終了。ひとまず起動した。

Rhinocerosの起動画面
Rhinocerosの起動画面

Grasshopperをインストール

GrasshopperってRhinoに標準で入っているのかと思ったら、別なんですね。
さて、どこにあるのかとググってみたら、Grasshopperのサイト(?)にあった。Windows版のGrasshopperのインストーラをダウンロードして、インストールする。

Grasshopperのインストール
Grasshopperのインストール

ここはメッセージに従って進めばOK.

Grasshopperを起動

インストールが終わったら、Rhinoを再起動して、コマンドラインから”Grasshopper”と入力してEnterすると。。。(なんか、このコマンドラインの雰囲気はレトロで懐かしい)

Grasshopperを起動する
Grasshopperを起動する

お、なんか起動した。

Grasshopperの起動画面
Grasshopperの起動画面

ということで、ひとまず準備は整った。次はTRNLizardのインストールだ。

次へ、つづく。

動作環境

Windows10 Pro(64bit)
Rhinoceros5(64bit) 5 SR14 64-bit (5.14.522.8390, 05/22/2017)
Grasshopper 0.90076, GhPython 0.6.0.3
TRNLizard(trnlizardpackage201704.zip)
TRNSYS18.00.0014(64bit)

TRNLizard – Rhinoceros/Grasshopperプラグインがリリース

TRNSYS18対応のRhino/Grasshopperのプラグインがリリースされています。
以下、Transsolar社のTRNLizardの紹介サイト

Transsolar社のTRNLizardの紹介サイト
Transsolar社のTRNLizardの紹介サイト

こちらはTRNSYS18とは別にfood4Rhinoからダウンロード、インストールして使用する形式です。(Transsolar社のサイトで配布しても良さそうな物ですが、food4RhinoからダウンロードするのがRhinoでは一般的なようです。)

TRNLizard – free OpenSource Plugin for Rhinoceros 5 und Grasshopper

TRNLizard Grasshopper info

TRNLizard Food4Rhino download

計算だけじゃなくチャートも表示できるようです。しかも、そこそこ出力がキレイ! 計算だけじゃなく、評価も分かり易くなりそうです。

food4Rhinoで紹介されている TRNLizard – Intro の動画を貼っておきます。窓の形状を変化させて計算を繰り返す例が紹介されています。

TRNSYS/TRNLizardの紹介ビデオ

Transsolar社のサイトでTRNLizard(Rhinoceros / Grasshopper のプラグイン)の紹介ビデオが公開されています。
テンプレートを選んで配置するだけで計算条件の設定、温熱環境、それと光環境(TRNSYS18の新機能)の計算が行えるようです。しかもパラメトリックに変更できます。
TRNLizard – free OpenSource Plugin for Rhinoceros 5 und Grasshopper
2017/4/27 追記 YouTubeで公開されてためリンク先を変更

インド、ニューデリーのTRNSYSを使った都市建築エネルギーモデル(UBEM)の事例

TRNLizardの情報を探していて見つけたTranssolar社が公開している事例です。GISのデータ(地理空間情報)から都市のエネルギー計算を行っているようです。

TRNLizardと独自開発のTRNZilla(アイコンがゴジラ?)が使われています。(リンク先で公開されているPDFの資料がなかなかキレイにまとまっていて分かり易い)

TRNLizardって、Rhinoceros / Grasshopper のプラグインなのですが、対象は建物になります。それを都市レベルへスケールアップするために開発したのがTRNZillaになるようです。

Towards Designing Energy Self-Sufficient Smart Cities

以下、冒頭部分だけ翻訳

エネルギー自給自足スマートシティの設計に向けて都市の地理空間データセットから完全な都市建築エネルギーモデル(UBEM)を生成するためのワークフロー明日の世界はどのように見えますか? 人類史上、これまでにない速さで、世界は急速に変化しています。 2030年までに、アジアだけで50億人が暮らします。 世界中の市の政府がこの驚くべき現象を認識しており、この増加する人口に対応するために各都市を準備しています。 注目すべきは、インド政府は、2015年にインドで100のSMART都市を開発するプログラムを立ち上げ、エネルギー効率を重要な特徴としています。 したがって、この研究の探求は、インドの提案されたSMART都市の一つであるニューデリーのエネルギーマスタープランの開発を支援するソフトウェアワークフローを開発することです。

TRNLizardってなんだ?

TRNSYS18と一緒にリリースされるTRNLizard(Rhino/Grasshopperプラグイン)ですが、調べてみると海外の学会などですでに発表されているようです。ちょっとググったらいくつか出てきました。

IBPSA(2014)

TRNSYSLizard – Open Source tool für RHINOCEROS – IBPSA

ドイツ語で書いてあるらしく、よく分かりません。ところどころTRNSYSという単語の他、Radianceも出てくるので、やはり形状と日射(昼光利用とか?)のツールのようです。(いまからドイツ語勉強するのはつらいな)  

DIVADay(2015)

positive proof of Global Warming 

↑この資料、トップページにに下着の写真が表示されます。表示すると少々怪しいページに見えます(会社だったので少々慌てた)が、中身はまじめなプレゼン資料です。

p.48~ TRNLizardの説明があります。DIVAってRadianceのツールですよね?

発表の時期(2014,2015)を考えると、TRNSYS18版は十分開発が進んでいそうです。リリースが楽しみです。

しかしRhino(サイ)、Grasshopper(バッタ、イナゴ)、Lizard(トカゲ)と動物の名前がつづいて不思議な感じですね。