TRNLizardをセットアップする(2)

前回はRhino/Grasshopperのインストールまで終わったので、いよいよTRNLizardのインストールです。

TRNLizardを準備する

Transsolar社のサイトのTRNLizardのページのダウンロードのインクを辿って、food4RhinoのサイトからTRNLizardをダウンロードしてインストールします。

Transsolar社のTRNLizardのページ
image

food4Rhino

ここからTRNLizardをダウンロードします。(はじめてダウンロードする場合、ユーザー登録が要ります。)

image

TRNLizardのインストール

ダウンロードしたファイル(Zip形式)を解凍すると、大量のGrasshopper User Object ファイルが展開される。

image

で、これをどうするのかと思ったら、専用のフォルダにコピーすればOKらしい。
Grasshopperのメニューから File > Special Folders > User Object Folder を選んで専用フォルダを開く。

image

開いたフォルダに展開したファイルをすべてコピーする。

image

するとこの時点で、GrasshopperにTRNLizardのタブが追加され、TRNLizardのアイコンが表示されます。

image

早速アイコンをドラッグして配置してみると。。。

エラーだとおぉ!

image

メッセージを見ると、 Python Interpreter がインストールされていないのが原因のようです。(Pythonインタプリタってオプションなのか?)調べてみると、food4Rhinoで公開されている GhPython がそれらしいので、これもインストールします。

image

GhPythonをインストール

上記のサイトからghpython2(ghaファイル)をダウンロードして、これも専用フォルダへコピーすればOK。(TRNLizardとはフォルダが違うので注意!)Grasshopperのメニューから File > Special Folders > Components Folder を選んで専用フォルダを開く。

image

image

ここで注意点。ネットワークからダウンロードしたファイルはアクセスがブロックされているので解除しておきます。エクスプローラーの画面でghpyhton2を選択して、右クリックでプロパティを選択して、「ブロックの解除」をチェックします。

image

TRNLizardを起動

Rhino,Grasshopperを再起動して、TRNLizardのアイコンを配置すると。。。おおっ!なんかそれっぽい画面が展開された!

image

どうにかTRNLizardのセットアップが完了したので、次は実際に動かしてみます。つづく。

動作環境

Windows10 Pro(64bit)
Rhinoceros5(64bit) 5 SR14 64-bit
(5.14.522.8390, 05/22/2017)
Grasshopper 0.90076, GhPython 0.6.0.3
TRNLizard(trnlizardpackage201704.zip)
TRNSYS18.00.0014(64bit)

Pocket

One Reply to “TRNLizardをセットアップする(2)”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です