TRNSYS, Equationの使い方

Simulation StudioにはEquationと呼ばれる便利なコンポーネントが用意されています。標準コンポーネントに含まれていない式の処理や定数の定義、条件判定などに利用することができます。

この記事ではWBGTを例にInputとして湿球温度、黒球温度を、OutputとしてWBGTの式を入力しています。

使い方

新しいEquationの追加

はじめに、新しいEquationを用意します。通常のコンポーネントと異なり、メニュー操作で追加します。

Simulation Studioのメニューから、[Assembly]-[Insert New Equation]を選択して追加します。

[Assembly]-[Insert New Equation]で新しいEquationを追加

配置されたEquation(電卓のアイコン)をダブルクリックするとEquation windowが表示されます。この画面でInputs,Outputsの追加、削除、式の追加を行います。

Equationの設定画面

Inputを追加する

新しいInputを追加して、名前を入力します。

  1. 「Show input in Macro」の横の書類アイコンをクリックして、新しいInputを追加
  2. 追加されたInputの名前を入力する
EquationへInputを追加

Outputの追加と式の入力

出力用にOutputの追加と計算式を入力します。

  1. 「Intermediates & Outputs」の右側の書類アイコンをクリックして、新しいOutputを追加
  2. 追加されたOutputの名前を入力する
EquationへOutputを追加

続いて、追加したOutputの計算式を入力します。

  1. 追加したOutputを選択
  2. 虫眼鏡のボタンをクリック

すると画面中段のボックスで選択したOutputの式が入力できるようになります。ここで式を入力します。

式ではInputの項目や関数(画面左下)を使用することができます。

Outputの式を入力

こうして追加されたEquationは、通常のコンポーネントと同じように他のコンポーネントと組み合わせて使用することができます。

実際にWBGTの計算に使用した例は以下の記事を参照して下さい。

使い方のヒント

関数

画面左下のボタンを使って、関数や関係演算子を入力することができます。

関数について詳しくはドキュメントの「6.3.9.1. Available mathematical functions」を参照して下さい。

Outputをまとめて編集

「Edit all equations」ボタンをクリックすると、入力画面が表示されます。この画面では複数のOutputの式を入力、編集することができます。

Edit all equations

使用例

以下、いくつかEquationの使用例へのリンクを貼っておきます。

動作環境

以下の環境で動作を確認しています。
Windows10 Pro(64bit, 20H2)
TRNSYS18.02.0002(64bit)

Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です