TRNSYS/Online Plotterの便利な使い方

TRNSYSの計算結果を表示するのに定番で利用されるOnline Plotter。これのちょっと便利な使い方の紹介です。

Online Plotterでは結果がグラフで表示れるので、値の変化を見るのにはいいのですが、値をちゃんと確認したいときはちょっと困りものです。表示されている軸を見ながら、だいたいの値の読み取ることになります。

こんなときキーボードのShiftを押したままにすると、マウスのポインタの位置に白い縦棒が表示されます。その状態でポインタを動かすと、凡例の部分の値が、ポインタの位置に応じて表示されます。

正確な値を、ちょっと確認したいときに重宝します。

TRNSYSのシミュレーション結果をExcelで表示する

TRNSYSでシミュレーションすると、結果は基本的にテキストファイルに書き出されます。
これが指数表記だったりして、かなり読みにくい。
こういうときにExcelを使うと重宝するわけで、しばらく前に「TRNSYSの計算結果をCSV形式で保存するTIPS」なんてエントリーを書きました。

よくよく考えたら、というかSimulation Studioのコマンド見ていたら、もっと簡単にExcelで扱える方法があるのに気付いたので、メモ的に書いておきます。TRNSYS18と17では異なるので、バージョンに注意して下さい。ここではType25を例にしていますが、Type65でも同じ方法で直接Excelを起動してファイルを開くことができます。2017/11/16更新 TRNSYS18の記載を追加した。

TRNSYS18,17共通

  • CSV形式の指定

TRNSYSの計算結果をCSV形式で保存するTIPS」を参考に出力ファイルの形式をCSV形式に設定します。

TRNSYS18

  • シミュレーション結果をExcelで開く

TRNSYSでシミュレーションを実行後、Type25をのアイコンを選択して、右ボタンのクリックで表示されるメニューの項目から「Open external files」の項目を選択します。imageこれで、Excelが起動して、計算結果が表示されます。

動作環境

以下の環境で動作を確認しています。Windows10 Pro(64bit)
TRNSYS18.00.0015(64bit)

TRNSYS17

  • Excelの設定

まずはじめにSimulation Studioのメニューから [File] – [Settings…]を選択して、表示されたダイアログで「Directories」タブをクリックします。(下図の状態)

この画面でSPREAD applicationの項目にExcelのパスを指定します。(画面はOffice2010がインストールされているPCの例)

  • シミュレーション結果をExcelで開く

TRNSYSでシミュレーションを実行後、Type25のアイコンを選択して、右ボタンのクリックで表示されるメニューの項目から「Open in spreadsheet」の項目を選択します。

これで、Excelが起動して、計算結果が表示されます。
※:注意点
Type25の出力ファイルのパスと違うパスを参照するような操作をした後だと、出力ファイルが見つけられなくてエラーになることがあります。(Type25のファイルの書き出し先がカレントになっている前提になっている?)
そういう時はしょうがないので、Type25のExternal Fileの項目でファイルを再指定してください。
動作環境

以下の環境で動作を確認しています。Windows7
TRNSYS17

TRNSYSのプログラム的な側面

TRNSYSでBuilding Projectを選らんで新規に作ったプロジェクトを見てたら、Equationの一部にこんな式が含まれていました。

IT_H_0_0 = Max(Input4,0)
IB_H_0_0 = Max(Input5,0)

受け取った入力値と”0″で最大値を取っている、つまり0以下の値は0にまとめちゃってるわけですが、何のために?

Input4と5を辿っていくと、どちらも日射量関係の値。普通に考えればマイナスの値はないはずなのに?なぞは深まるばかり。

しばらく考えてて気が付いたんですが、TRNSYSもプログラムなので実数値の計算誤差はつきもの。小数点以下の小さい値で微妙な誤差が発生するときがまれにあります。プログラムを作った経験のある方だと、ああ、あれかと思える話ですが、理屈の上じゃマイナスにならないはずでも誤差がでることがあります。

よくある例はこんなの。0.1を10回足してみる。ちびっこでも解けそうな計算ですが、実際にEquationで書いてみると。。。

ten = 0.1+0.1+0.1+0.1+0.1+0.1+0.1+0.1+0.1+0.1

答え:”+9.9999999999999989E-01″
(普通の十進表記に直すと”0.99999999999999989″)

てな具合に小数点以下10数桁目で微小な誤差がでます。

話を戻すと、普通はプログラムで誤差が出るようならキャップを掛けるような処理を入れるんですが、どうも用心のために入れているようです。

上記のようにEquationで計算するときも、同じようなケースがあてはまります。計算上変な値がでるんだけど、って時にはMaxを使って誤差分を修正する方法が役に立ちます。
(そもそも計算式が間違ってないことを確認してからの対策ですけどね)

ちなみに値が0から1になる計算であれば”Min(Max(val,0),1)”というようにまとめて書くと一回で済みます。

SolarDesigner、Facebookに進出する

今回は久しぶりのSolarDesignerネタです。でも告知です。

流行りものには滅法弱いスタッフがFacebookページを立ち上げています。Facebookの使い方も滅法弱いようで、まだまだコンテンツは少ないですが、今後増やしていく予定です。
Facebook SolarDesigner
よろしくお願いいたします。「いいね!」ボタンを押していただけると嬉しいです。

それと既存ですが、SolarDesignerの使い方のヒントをまとめた専用ページもあります。
http://www.qcd.co.jp/sd/
こちらはSolarDesignerの基本的な使い方のヒントをまとめています。