Translate

2013/07/19

TRNSYSので指数表記の出力を何とかする

指数表記

TRNSYSで計算結果を書き出すと、指数表記になります。

試しにType25で書き出してみると、だいたいこんな感じ。

 TIME                     TAIR_EG_GB               TAIR_EG_GB               TAIR_EG_GB            
 HOURS                                                                          
  +0.0000000000000000E+00  +2.0000000000000000E+01  +2.0000000000000000E+01  +2.0000000000000000E+01
  +1.0000000000000000E+00  +1.9809095712617690E+01  +1.9484726116999660E+01  +1.9615743684332390E+01
  +2.0000000000000000E+00  +1.9709755926303043E+01  +1.9233914565182772E+01  +1.9394910639839168E+01
  +3.0000000000000000E+00  +1.9747419227402617E+01  +1.9327408298779126E+01  +1.9471953393093376E+01
  +4.0000000000000000E+00  +1.9693025737107675E+01  +1.9182863053396972E+01  +1.9382176378677428E+01
  +5.0000000000000000E+00  +1.9664338574763043E+01  +1.9141843020969311E+01  +1.9345477650980808E+01
  +6.0000000000000000E+00  +1.9612642012823343E+01  +1.9044367724365255E+01  +1.9286016094005646E+01
  +7.0000000000000000E+00  +1.9558755297995550E+01  +1.8963047372044027E+01  +1.9228754224595775E+01
  +8.0000000000000000E+00  +1.9497057977033769E+01  +1.8866835171629649E+01  +1.9166137250448045E+01

パッと見た感じ、なんだかこれだと解り難い。というか見るのがツライ。ちなみに書き出しているのは室温です。

でもまー、普段はしょうがないやで放置していますが、大量のデータとか見るときには、やはり少々げんなりします。

そういう時に便利なのがType25f。書式付で出力できるので、出力がこうなります。

 TIME     TAIR_EG_GB  TAIR_EG_EB  TAIR_OG                  
    0.00,   20.00,   20.00,   20.00
    1.00,   19.81,   19.48,   19.62
    2.00,   19.71,   19.23,   19.39
    3.00,   19.75,   19.33,   19.47
    4.00,   19.69,   19.18,   19.38
    5.00,   19.66,   19.14,   19.35
    6.00,   19.61,   19.04,   19.29
    7.00,   19.56,   18.96,   19.23
    8.00,   19.50,   18.87,   19.17

ぐっと読みやすくなります。

書式指定の方法

これ、やり方は簡単でType25fで書式を指定するだけ。

 ちょっと小さくて分かり難いので、大きく書くと、こんな風に指定します。
もっと細かい指定もできます。
ここらあたりを参考にすると、いろいろできて面白いですよ。






0 件のコメント:

コメントを投稿