TRNSYSで機器特性を扱うパフォーマンスデータファイル

TRNSYSのチラーやエアコンのコンポーネントでは、機器特性をパフォーマンスデータファイル(Performance data file)で定義します。実測データ、コンポーネントによってはcatalog data approachという言い方をしていて、仕様書などのデータからの入力を想定しています。

以前の記事でチラー(Type118 Air-Cooled Chiller)のプラグインを開発していますが、このプラグインで編集していたのがパフォーマンスデータファイルです。

Performance data fileは割とよく使われるデータ形式です。エアコン(Type119)、DXコイル(Type136)、太陽熱集熱器(Type72)など、さまざまなコンポーネントで機器特性を定義するファイルとして使われています。

パフォーマンスデータファイル概要

以下はType118 Air-Cooled Chillerのパフォーマンスデータファイルの抜粋です。

4.44	5.56	6.67	7.78	8.89	10 ! Chilled Water Temperatures (C)
23.89	29.44	35	40.56	46.11	! Ambient Air Dry-Bulb Temperatures (C)
1305246 	3.7863			! Capacity (kJ/h) and COP (All Power) at 4.44/23.89
1251314.4	3.2913			! Capacity (kJ/h) and COP (All Power) at 4.44/29.44	
1196623.2	2.8545			! Capacity (kJ/h) and COP (All Power) at 4.44/35	
1135348.8	2.4174			! Capacity (kJ/h) and COP (All Power) at 4.44/40.56	
1073314.8	2.0679			! Capacity (kJ/h) and COP (All Power) at 4.44/46.11	
1339048.2	3.8739			! Capacity (kJ/h) and COP (All Power) at 5.56/23.89	
1284990 	3.3495			! Capacity (kJ/h) and COP (All Power) at 5.56/29.44
1231691.4	2.9418			! Capacity (kJ/h) and COP (All Power) at 5.56/35	

ご覧のように数字が並んだテキスト形式のファイルです。この例では、はじめの2行が水温(Chilled Water temperatures)と外気温(Ambient Air Dry-Bulb Temperatures)です。

3行目以降は水温、外気温の組み合わせに対する能力(Capacity)とCOPの値がつづきます。

順番に見ていくと、1行目の1つ目の項目(水温)と2行目の1つ目の項目(外気温)に対応する能力とCOPが3行目

次は、1行目の1つ目の項目(水温)と2行目の2つ目の項目(外気温)に対応する能力とCOPが4行目

以降、同じように1行目の1つ目の項目、2行目の3つ目の項目に対応する能力とCOPが5行目とつづいて、すべての組み合わせが定義されます。

パフォーマンスデータファイルを参照するコンポーネントでは、ここで定義された条件を補間処理して処理を行います。

コンポーネントによって、多少行数や対応する項目数は変りますが、基本的にどのコンポーネントでもこの形式で定義されています。(冒頭の行が3行や4行になったり、対応する値の組み合わせが増えたり減ったりします)

パフォーマンスデータファイル詳細

パフォーマンスデータファイルの仕様は、TRNSYSのInterpolateData()関数の説明にまとめられています。

参考:7.4.4.6. InterpolateData (formerly DynamicData, DYNDATA and DATA)

詳しく説明されていますが、少々長いのでポイントだけまとめるとパフォーマンスデータファイルは図のような構造です。

Performance Data Fileの構造

独立変数の行数や項目数は、通常コンポーネントのParamterで指定します。

例) Type118 Air-Cooled Chiller

Type118を例にすると、下の図のようなファイルになっています。

type118 performance data file

独立変数や従属変数の数はコンポーネントによって変わりますが、基本的にはこれと同じ構造です。

動作環境

以下の環境で動作を確認しています。

  • Windows11 Pro(64bit, 21H2)
  • TRNSYS18.04.0001(64bit)
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。