TRNSYS.GURUのオンラインラーニングコース

TRNSYS.GURUのオンラインラーニングコースがリニューアルしています。

そして早速視聴してみた

facebookのページからアクセスすると図のような画面が表示されます。Udemyのサービスを使っているため、一部日本語で表示されています。コース料金も日本円。それにしてもずいぶんリーズナブルな価格設定です。

TRNSYSオンラインラーニングコースのサイト
TRNSYSオンラインラーニングコースのサイト

コースは全81本、約9時間の動画で構成されています。コースは建物モデル(多数室モデル) 、空調システムのモデルの作成、Excel/VBAを使った自動実行などが含まれます。

TRNSYSオンラインラーニングコースの内容
TRNSYSオンラインラーニングコースの内容

最初の10本は無償公開されています。この10本すべて視聴しても40分ほどですが、ポイントがよくまとまって分かり易い構成になっています。TRNSYSの仕組みからSimulation Studioの基本操作、基本的な太陽熱集熱器のモデル作成まで紹介されています。

なお、解説は英語ですが、ゆっくりとした話し方で、発音も聞き取りやすかったです。

日本でも、こういう仕組みが作りたいですね。

太陽熱集熱器の資料

太陽熱集熱器の仕組みとか、用語とか調べていて、ちょうどいい感じの資料を見つけたのでメモ。

経済産業省、資源エネルギー庁 あったかエコ太陽熱

あったかエコ太陽熱
あったかエコ太陽熱

TRNSYSには集熱器(Solar Thermal Collector)のコンポーネントが複数種類用意されています。コンポーネントを設定する際、用意されているパラメータが日本語の何に相当するのか実のところ用語がちんぷんかんぷん。(建物はともかく、そもそも集熱器とか設備周りは仕組みが良く解ってないので、そのあたりを説明している資料はとても助かります。)

特に、「参考資料」のページが、ほどよい内容でまとまっていて、なかなか読みやすいです。

再生可能エネルギーといえばTRNSYSでも。。。

再生可能エネルギーが何かと話題に上る昨今ですが、そういやTRNSYSにも太陽光発電のコンポーネントあったよなぁ、と調べてみました。

これが、結構ありますね。太陽光発電だけでも結構なコンポーネントが用意されています。それに加えて風力発電のコンポーネントもあるし。太陽熱利用の温水器のモジュールもあったりして。

なにか適当な例はないかと、 Examplesフォルダを探ると、やっぱいろいろ用意されています。

以下は、太陽光発電の例ですが、インバーター付き太陽電池パネルのシミュレーション例です。

コンポーネントのパラメータを見ると、日射量や気温など、おなじみの値もありますが、それ以外は太陽光パネルの特性でしょうか、初めて見るのが並んでます。(見る人が見れば分かるんだろうな、これ)

掘り下げたらいろいろ使えそうですね。