TRNSYSの換気設定

TRNSYSの多数室モデル(TRNBuild/Typea56)の換気は「条件」として設定します。設定方法には以下の2つの設定が用意されています。

  • Infiltration type 外気との換気を換気回数で設定
  • Ventilation type 換気回数、換気量、気温、湿度など詳細な条件を設定する

どちらを使っても換気の設定を行えますが、単純に換気回数を指定する場合、例えば建築基準法の24時間換気0.5回/hなど固定条件はInfiltration typeが向いています。

逆に風量や温度、湿度など細かな条件を設定したい場合はVentilation typeが向いています。こちらは空調システムの給気を扱う場合によく使われます。

使い方としてはどちらを使う場合も、予めInfiltration, Ventilation typeを定義して、それを各室(Zone)へ割り当てます。

換気条件が同じであれば、同じInfiltration、Ventilation typeを複数の部屋に割り当てることができます。

以下、使い方です。

Infiltration type

TRNBuildのNavigatorウィンドウで「Infiltration Types」を右クリックして表示されるメニューから「Add Infiltration」を選択して新しい Infiltration typeを登録します。

  • new infiltration type

新しく登録するinfiltration typeの名前を入力します。この例ではデフォルトのままですが、割り当てる部屋や条件に合せて分かり易い名前にするのお勧めです。

例)LDKの換気  INFIL_LDK

  • Airchange of Infiltration

1時間あたりの換気回数を設定します。

スケジュール設定

換気回数はデフォルトでは24時間、終日同じ条件として扱われます。スケジュールを使って時間によって換気回数を変えることもできます。

例)9:00~12:00は窓を開けるので5回/h

ZoneへInfiltration typeを割り当てる

Zone Windowで「Infiltration」をクリックして設定を行います。

デフォルトでは「off」の状態になっているので、

  1. 「on」をクリックして漏気/換気の設定を有効化。
  2. 「Infiltration type」のリストから漏気を選択する。(Infiltration typeは予めNavigator Windowで作成しておく必要があります)

Ventilation type

TRNBuildのNavigatorウィンドウで 「Ventilation Types」を右クリックして表示されるメニューから「Add Ventilation」を選択して新しい Ventilation typeを登録します。

  • new ventilation type

新しく登録するventilation typeの名前を入力します。

  • Supply air flow

給気の指定方法を選択します。以下のリストから指定方法から選択すると、指定方法によって値の入力項目の単位系が変わります。

給気方法 単位
air change rate換気回数1/h
mass flow rate質量流量kg/h
mass flow rate related to reference floor area単位面積あたりの質量流量Kg/(hm2)
Volume flow rate体積流量m3/h
Volume flow rate related to reference floor area単位面積あたりの体積流量m3/(hm2)
  • Supply air conditioning

空調の計算方法を「external by other component」(外部コンポーネント)、「internal calculation」(Type56で内部計算)のいずれかから指定します。

指定した計算方法によって下の図のようにTemperature of supply air flow、Humidity of Air Flowの設定項目が変化します。

  • Temperature of supply air flow

給気温度を「outside air」(外気温)、または「userdefined」(任意の値)で指定します。

  • Humidity of Air Flow

給気の湿度の指定方法をrelative humidity(相対湿度)、absolute humidity(絶対湿度)から選択して、「outside air」(外気湿度)、または「userdefined」(任意の値)で設定します。

ZoneへVentilation typeを割り当てる

Zone Windowで「Ventilation」をクリックして設定を行います。

デフォルトでは何も設定されていないので、

  1. ボタンをクリックして機械換気の設定を追加。
  2. 「Ventilation Type」のリストから換気を選択する。(Ventilation typeは予めNavigator Windowで作成しておく必要があります。)

動作環境

以下の環境で動作を確認しています。

  • Windows10 Pro(64bit, 21H1)
  • TRNSYS18.04.0000(64bit)
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です