暑さ指数と不快指数コンポーネント公開

先日から作っていた暑さ指数(WBGT)と不快指数(Discomfort Index)のコンポーネントを公開しました。

TRNSYSJP/ComfortIndex

こちらのリポジトリでProforma、ソースコード、使用例(プロジェクト)一式を公開しています。今のところインストーラーは用意していませんが、TypeStudioで簡単にビルドできます。

後で日本語サプリメントへ収録する予定ですが、ダウンロードとセットアップは後述の方法で可能です(簡単です)

暑さ指数と不快指数

暑さ指数(WBGT)は熱中症など、酷暑環境下のリスク判定の指標です。計算に黒球温度を含むため、シミュレーションで扱うのは少々厄介な指標です。そのあたりの処理についてはまとめた別の記事があります。この記事の後半にリンクを貼ってあるので、ご興味のある方はそちらを参照してください。

WBGTは環境省が熱中症予防対策として利用しています。

環境省 熱中症予防情報サイト

不快指数は夏の蒸し暑さの指標です。こちらも夏の暑さの目安として使われます。

不快指数(ふかいしすう、: discomfort index または temperature-humidity index, THI[1])とはの蒸し暑さを数量的に表した指数で、温熱指標の一つ[2]。Discomfort index は Earl Crabill Thom が1957年に発表した[3][4]。類似した指標は多数ある[5]

Wikipediaより引用

ダウンロードとインストール

※TRNSYS18日本語サプリメントをインストール済みであれば、C:\TRNSYS18\Tools\quattro corporate design\ComfortIndex フォルダのインストーラーを使ってインストールして下さい。

リポジトリのReleasesのページでZipファイル(インストーラー)をダウンロード、解凍してインストールを行って下さい。

ソースコードからビルドする場合は、リンク先の画面で、「Code」のクリックで表示されるメニューで、「Download ZIP」をクリックすると、ダウンロードが始まります。ダウンロードが完了したら、ZIPファイルを解凍して、READMEを参考にProformaの配置とコンポーネントのビルドを行ってください。

「Clone or download」から「Download ZIP」をクリックする

Examples

以下、一緒に公開した使用例です。

WBGT

屋内、屋外のWBGTを計算する例です。

WBGTの使用例
WBGTの使用例

不快指数(Discomfort Index)

不快指数の計算例。気温、湿度から不快指数を計算します。

不快指数(Discomfort Index)の使用例
不快指数(Discomfort Index)の使用例

参考

WBGTの計算方法については、以下のサイトを参考にしています。

動作環境

以下の環境で動作を確認しています。
Windows10 Pro(64bit, 1803)
TRNSYS18.01.0001(64bit)

Pocket

2件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です