TRNSYSでPMVのDetailed modeの設定

同じ建物の部屋でも、窓付近と部屋の奥側の評価をしたいケースって有りますよね?

PMVで評価する場合、TRNSYSの計算では、MRT(平均放射温度)の計算方法を指定した計算が可能です。以前に紹介したPMVの計算では、MRTは面積按分で計算していました。今回は室内の位置による影響を考慮して計算する方法の紹介です。(Comfort typeやOutputの指定は前回の投稿を参照して下さい)

MRT(平均放射温度)

さて、MRTとは。。。

(エ) 熱放射 

周囲の表面温度が低ければ気温が高くても快適になる。 その放射環境を表現するた めに、平均放射温度という概念が用いられる。 平均放射温度(MRT)とは、周囲の 全方向から受ける熱放射を平均化した温度表示を言う。

以上、環境省のサイトより引用

ということで、このMRTの計算方法を指定します。

下の図は実際にPMVの計算にMRTを指定した例です。Detailed modeを選択して、MRTを計算する位置を指定しています。後述しますが、この例では同じ室内で4箇所のPMVを計算しています。

MRTの計算位置の指定
MRTの計算位置の指定

設定方法

Detailed modeではMRTを計算する位置の情報が必要になります。これで窓側とか部屋奥の指定を行います。MRTの計算位置の指定は次の手順で行います。

  1. 計算位置をGeoPositionを使って定義する。
  2. ZoneへComfort type, GeoPositionを割り当てる

では設定を始めます。

GeoPositionの定義

例によって2室モデル演習のモデルを使用します。図のように窓際から1m間隔でGeoPositionを4つ定義します。

GeoPositionの配置位置
GeoPositionの配置位置

図の配置位置に合せてGeoPositionを追加します。

  1. Navigatorの「Geo-Info」をダブルクリックして設定画面を表示する
  2. Point Geometryで「gain, comfort」を選択する
  3. 」ボタンをクリックして、新しいGeoPositionを追加する
  4. GeoPositionを配置するZoneを選択する
  5. Comfort typeで使用するため、「comfort」を選択する
  6. 配置する位置を座標で指定する※

※座標は上の平面図の左下隅が座標原点(0/0/0)です。図面に合せて位置を指定します。高さは任意ですが、ここでは高さ1mで統一します。

GeoPositionを追加する
GeoPositionを追加する

ZoneへComfort type、GeoPositionを割り当てる

ZoneへComfort typeを割り当てる際に、「detailed mode」を選択して、GeoPositionを割り当てます。

ZoneへComfort type, GeoPositionを割り当てる

これでGeoPositionの指定は終了です。あとはOutputを追加して計算を行います。

ということで、図はPMVの計算結果を出力した例です。(2月下旬の2日間を抜粋)

PMVの計算結果
PMVの計算結果

同じ建物、 同じ室内でも位置によって異なる結果になっていることが分かります。 このようにGeoPositionを指定することで、室内の位置による快適性の計算が行えます。

動作環境

以下の環境で動作を確認しています。

Windows10 Pro(64bit, 1809)
TRNSYS18.01.0001

Pocket

One Reply to “TRNSYSでPMVのDetailed modeの設定”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です