ESP-r on USB

前回からのつづきです。
Radianceに手を出す前にESP-r on USB を試してみました。

インストール
ESP-r on USBのインストールはいたって簡単で、ダウンロードサイトからESP-r on USBを選んでダウンロードしたら、解凍してフォルダごとUSBメモリにコピーするだけ。

でも、厄介なのはインストール後の設定作業。
ESP-r on USBのReadme.txtを読むと、これって動作環境が”L:”ドライブであることを前提にしています。
USBメモリって挿してみるまでドライブ名が分からないので、少々厄介です。
L:ドライブ以外で認識されている場合は、ドライブ名の変更、もしくはドライブ名を参照している設定ファイルの書き換えが必要になるようです。

システム側の設定でドライブ名を”L:”へ変えることもできますが、これだと一般向けに説明するのが難しい。

かといって、設定ファイルを変えるのも、少々面倒です。一回ぐらいならしょうがないけど、USBメモリを挿すPCによってドライブ名が変わる可能性があるので、その都度書き換えるのもわずらわしい。

対策
対応策としてsubstコマンドが利用できないか試してみました。
このコマンドはパスをドライブ名に読み替えるコマンドなんですが、試しに
subst L: USBのドライブ名+””
を実行してみるとUSBメモリのドライブ名がL:ドライブとして参照できるようになります。
なんとかうまくいきそうな感じがしてきますが、これを毎回コマンドラインから実行するのも大変なので、環境変数と組み合わせて以下のような簡単なバッチファイルを作成し、USBメモリのトップディレクトリに保存しておきます。

subst L: %~d0
pause

注:”%~d0″はドライブ名を表す環境変数。最後に””を付けているのはパス名として入れてあります。

USBメモリの挿入後に、このバッチファイルを実行すれば、どのPCへ挿した場合でも、L:ドライブとしての参照が行えるようになります。

一応、ESP-rの起動までは確認できました。あとはESP-rが適切に動くかですね。

ESP-r をインストールしてみる

さて、LEAD ProjectのWindows版で利用する予定のツールを試してみます。

予定されているツールは以下の3つ。

ESP-r
Radiance
OpenFOAM

手始めに温熱環境のシミュレーションツール「ESP-r」のダウンロード&インストールを試してみます。

ESP-rについては詳しくはこちらのサイトを参照ください。

ちなみに「ESP-r」は「エスパー」と読むらしいです。(「いーえすぴーあーる」じゃないらしい)

ひとまずWindowsで使えるバージョンをダウンロードします。ダウンロードのページに飛ぶと、OS別のリストが表示されます。

ESP-r Download
ESP-r Download

結構いろんなOSでリリースされています。Windows版はというと、これも複数に分かれていて何が違うのかわかりませせんが、おそらくStandardをいれれば間違いないでしょう。たぶん。

ここに、なにげにUSBメモリ版も置いてあります。LEAD Projectでは、こちらのバージョンを使う事になると思います。

ダウンロードして、インストールを開始します。まあ、ごく普通のWindowsインストーラーが立ち上がるので、メッセージを確認しながら作業を行います。とはいえ基本はほぼデフォルトの設定でOK。

あっけなく起動。

ESP-r
ESP-r

特にCygwinとかいらないようなんですが、あれはビルドするときのみの話なのかな????

2010/6/7 訂正

Cygwin版もリリースされています。Cygwin版はLinuxと同じようにコマンドラインで操作できるようです。Linux環境に慣れている方は、こちらのバージョンの方が良いかもしれません。

次はRadianceだ。

Cygwin and MinGW

建築環境工学系のツールって、かなりの数がオープンソースで公開されているようなんですが、基本的にLinux系(というかもともとはUnix系なんだろうけど)のツールが多いようです。

とはいえWindows版もリリースされていたりするのですが、ここで関連して登場してくるのがCygwinとかMinGWというツール。なんかUnix系のツールが絡むと必ず出てくる単語なんですが、普段はMicrosoft系のOSにどっぷり浸かって仕事しているので、Linuxって良く分からなんですよ、ぶっちゃけた話。

このためCygwinって確かUnixのコマンドをWindowsで再現する環境だっけ?ぐらいのおぼろげな知識しかないので、MinGWとか言われるとまったくの未知の世界。

で、調べてみました。いずれもWindows用のUnix環境。どちらもUnix(Linux)環境で作られたツールをWindows環境でビルド、または実行するためのツール(環境?)のようです。

ちなみにMinGWはCygwinからフォークしているらしい。互換性のGygwin,パフォーマンスのMinGWという雰囲気みたいですが、どちらを使うかはツールによって使い分けていたり、両方のバージョンを用意しているようです。

以下、WiKi Pediaより

Cygwin

MinGW