ニホンゴ、スコシ、ハナシマスー、なTRNSYSさん

TRNSYSの一つの難関が英語の壁。TRNSYSって世界中で使われていますが、ローカライズ版というのは(たぶん)存在しません。

Type56は、まれにドイツ語でエラーメッセージを表示して困惑させてくれますが、これは開発の拠点がドイツの会社だから。共通語は英語オンリーなTRNSYS。

基本的にメニューもドキュメントもメッセージもすべて英語です。うっかり日本語入れると文字化けしてしまって意味不明。

でも、ちょっと工夫するとSimulation Studioなど一部では日本語が使えるんです。で、実際にやってみたのが以下の画面。

見慣れたSimulation Studioの画面も日本語を表示すると新鮮な感じがしますよね。今まで英語しか通じないと思っていた外国人が片言の日本語なら通じるみたいな。

やり方はいたって簡単です。日本語を表示したいコンポーネントを選択状態にして、右クリックで表示されるメニューから「Properties…」を選択します。

ここで表示されるダイアログの「Font」タブで、日本語のフォントを選んであげると、日本語が表示できるようになります。

例)表示用に「メイリオ」を選択

あとは、コンポーネントを選んで、日本語の説明を入力してあげればOK。

ただ、この方法はコンポーネントによっては対応してません。

と、ここまで書いて若干不安になったんですが、TRNSYSはそもそも英語版のツールなので、日本語使うと予想もしない動きをするかもしれません。という事で試される場合は自己責任でお願いしますね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です