TRNSYSで温度分布を計算する方法(1)

Type56のDetailed ModeとTRNSYS3Dを使って、たぶん出来るだろなーとはわかってたんだけど、やってみるとやっぱりビックリする。(間違っていないか少々心配だが。。。)

床面の温度をSketchUpで表示してみた図

SketchUpで床面の温度分布を表示
SketchUpで床面の温度分布を表示

手前左側の白い矩形が窓で、床面に日射が落ちて表面温度が上がっている様子が表示されています。もうちょっと床面細かく分割すると見栄えがするんだけど、しまった。

計算と表示の仕組み

大まかな流れとしては。。。

① SketchUpで床面を分割したモデルを作成
② TRNSYSの計算結果をType125で.esoファイルへ出力
③ TRNSYS3Dには.esoファイルを基になったモデルへプロットする機能(なんとアニメーションもできる!)があるので、それを使って表示する(上の図)

とまあ、こんなようにSketchUp/TRNSYS3Dを使ってモデリングから計算、表示処理を行います。

SketchUpとTRNSYSのデータのやり取り
SketchUpとTRNSYSのデータのやり取り

具体的な作り方は後日まとめます。

Pocket

One Reply to “TRNSYSで温度分布を計算する方法(1)”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です