TRNSYSでCoolPropをサポート

TRNSYS18の資料にCoolPropのサポートの記載があるのですが、で、CoolPropって何?ググってみたら、どうもこれっぽい。

CoolProp

CoolProp
CoolProp

オープンソースの流体特性ライブラリ(?)C++のライブラリっぽいですが、Python , Modelica, Octave, C#, VB.net, MATLABなどから呼び出すための各種ラッパーが用意されています。手軽に扱うことが可能なようですが、FORTRANもサポートされていて、どうもTRNSYSの関数にCoolProp対応のものが用意されるようです。(合ってんのかな?)

ちなみにWebで公開されているCoolProp Onlineもあります。雰囲気を掴むには良さそうなサイトです。CoolProp Online

CoolProp Online
CoolProp Online

条件を指定すると、チャートを表示してくれる。

TRNSYS-USERSをGoogle翻訳(ただし、Thunderbird限定)

2019/2/20 ここで紹介しているプラグインなくなってますね。残念。

最近、Google翻訳の精度が上がってきたので、TRNSYS関係のメールやらドキュメントやら、英文で流れてくる情報を翻訳しまくってます。多少ぎこちない日本語に翻訳されますが、それでも大まかな内容は掴みやすくなります。

メールのテキストをGoogle翻訳のページにコピペしながら訳を確認していて、これメールアプリの中で直接訳が出せたら楽なのに。。。、とか思いながら、調べてみたらすでにプラグインがありました。

ただし、Thunderbird限定

ThunderbirdのS33.Google Translator というのがそれです。これをインストールして、英文のテキストを選択して翻訳ボタンを押すと。。。

翻訳が表示される
翻訳が表示される

なんと言うことでしょう。メールアプリ内で訳が表示されます。今までのコピペの手間は何だったんでしょうか?

英語がちょっと言う方も、得意という方にも、手軽に翻訳できるのでオススメです。