.b18の中身を調べる

今回はトラブルシューティングに役立つテクニックの紹介です。一般向けじゃないので、読まなくてオッケーです。

.b18、いわゆるbuiファイルはTRNSYS/Type56が使用する建物の物性情報や計算条件を納めたデータファイルです。このファイルはテキストファイルなので、メモ張などのエディタを使って内容を確認したり、書き換える事も可能です。(慣れない内はお勧めしませんが)

下のリストはExamplesに含まれているBuiファイルから一部を抜粋しています。

BUILDING
*++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
*
*--------------------------------------------------------------------------------
*  Z o n e  first_floor  /  A i r n o d e  first_floor
*--------------------------------------------------------------------------------
ZONE first_floor
RADIATIONMODE
 BEAM=STANDARD : DIFFUSE=STANDARD : LONGWAVE=STANDARD : GEOMODE=3D_DATA : FSOLAIR=0
DAYLIGHTMODE
 DLSHADE =-1
AIRNODE first_floor
WALL         =EXT_WALL   : SURF=  1 : AREA=        20 : EXTERNAL : ORI=S_0_90 : FSKY=0.5 : GEOSURF=0.03125
WINDOW=EXT_WINDOW1 : SURF=  8 : AREA=        12 : EXTERNAL : ORI=S_0_90 : FSKY=0.5 : GEOSURF=0.01875 : ESHADE=INPUT 1*MAX_ESHADE : SHADECNTRL=ESHADE_INTERNAL
FLOOR        =GROUND_FLOOR : SURF=  2 : AREA=        48 : BOUNDARY=INPUT 1*TGROUND : GEOSURF=0.8
WALL         =EXT_WALL   : SURF=  3 : AREA=        48 : EXTERNAL : ORI=N_180_90 : FSKY=0.5 : GEOSURF=0.075
WALL         =EXT_WALL   : SURF=  4 : AREA=        16 : EXTERNAL : ORI=S_0_90 : FSKY=0.5 : GEOSURF=0.025
CEILING      =ADJ_CEILING : SURF=  5 : AREA=        48 : ADJACENT=second_floor : ADJ_SURF=15 : FRONT
WALL         =EXT_WALL   : SURF=  6 : AREA=        16 : EXTERNAL : ORI=E_270_90 : FSKY=0.5 : GEOSURF=0.025
WALL         =EXT_WALL   : SURF=  7 : AREA=        16 : EXTERNAL : ORI=W_90_90 : FSKY=0.5 : GEOSURF=0.025
 REGIME
 GAIN        = Occ_31office : SCALE= SCHEDULE 1*Occ_Weekly_31office : GEOPOS= 0 : SCALE2= SCHEDULE 1*Occ_Annual_31office : FRAC_REFAREA= 1
 GAIN        = Dev_31office : SCALE= SCHEDULE 1*Dev_Weekly_31office : GEOPOS= 0 : SCALE2= SCHEDULE 1*Occ_Annual_31office : FRAC_REFAREA= 1
 GAIN        = Ltg_31office : SCALE= SCHEDULE 1*Opr_Weekly_31office : GEOPOS= 0 : SCALE2= 1 : FRAC_REFAREA= 1 : DLIGHT_CTRL=31office
 INFILTRATION= 31office
 VENTILATION = 31office
 COOLING     = 31office
 HEATING     = 31office
 CAPACITANCE = 230.4   : VOLUME= 192     : REFAREA= 48      : TINITIAL= 20      : PHINITIAL= 50      : WCAPR= 1

TRNBuildの操作に慣れていると、なんとなく意味が分かります。 Buiファイルには、このようにTRNBuildの設定項目に対応したキーワードと値が並んでいます。 (詳細はドキュメント、Vol.05 Multizone Buildingに記載されています。)

たまにこの設定項目をまとめてを確認したい事があるんですが、そういうときはTRNBuildを使わずに、直接このBuiファイルを調べるのが簡単です。(あくまで個人の見解ですが)

例えば上の例で、最後の行はZoneの設定情報が並んでいます。行頭の「CAPACITANCE」は、Zoneの顕熱容量の値です。TRNBuildの画面では下の図の項目に相当します。

Zoneの顕熱容量
Zoneの顕熱容量

Buiファイルに含まれているすべてのZoneの値を調べるにはコマンドプロンプトで次のように入力します。

findstr /i "CAPACITANCE" h28.b18

findstrはWindowsに用意されている標準コマンドです。テキストファイルから指定された文字列を含む行を表示してくれます。

※h28.b18はbuiファイルの名前、”/i”は大文字、小文字を区別しない指定です。

下図は実行例ですが、Buiファイルから”CAPACITANCE”を含むすべての行が表示されています。

コマンドプロンプトでfindstrを実行
コマンドプロンプトでfindstrを実行

すべてのZoneのCAPACITANCEの値をまとめて確認することができます。ここで極端に大きな値、もしくは小さな値など、怪しげな値が表示されていれば、なにか問題がある可能性があります。

例えば、隣にある”VOLUME”はZoneの気積(容積)の値です。気積に対してCAPACITANCE(顕熱容量)が大きすぎたり、逆に小さ過ぎたりすると、なにか誤った値が設定されている可能性があります。設定を確認して適切な値に設定し直す必要があります。

動作環境

以下の環境で動作を確認しています。

Windows10 Pro(64bit, 1809)
TRNSYS18.01.0001

Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です