Translate

2011/12/16

TRNSYS使いへの道 Simulation Studio編 その1 Map Card

TRNSYS/Simulation Studioを使ってコンポーネントを並べていくと、数が増えるにしたがって、つながりが分かりにくくなってくることがあります。

そんな時に便利なのがMapコマンド。これを使うとコンポーネント間の接続情報をList file(*.lst)に書き出してくれます。

設定方法は簡単。Control Cardの「Map card」の項目で「Map」をクリックすればOK.


で、実際にExamplesフォルダのBeginを実行して書き出されたのが以下の結果。
List ファイルを開いて、真ん中ぐらいのところに接続情報が書き出されているのが分かります。



         TRANSIENT SIMULATION     STARTING AT TIME =  0.0000000000000000E+00
                                  STOPPING AT TIME =  1.0000000000000000E+03
                                          TIMESTEP =         1 /        1
             DIFFERENTIAL EQUATION ERROR TOLERANCE =  1.0000000000000002E-03
                   ALGEBRAIC CONVERGENCE TOLERANCE =  1.0000000000000002E-03
1  TRNSYS COMPONENT OUTPUT MAP


  UNIT  3 TYPE  3  UNIT/TYPE/INPUT ←Type3のOutputsの情報
       OUTPUT  1           4   1   1←1番目の出力がType1の1番目のInputへ
       OUTPUT  2           4   1   2←2番目の出力がType1の2番目のInputへ
       OUTPUT  1           8  65   1←1番目の出力はさらにType65の1番目のInputへもつながっている


  UNIT  4 TYPE  1  UNIT/TYPE/INPUT
       OUTPUT  1           5   6   1
       OUTPUT  2           5   6   2
       OUTPUT  3           6  24   1
       OUTPUT  1           8  65   2
       OUTPUT  3           8  65   4


  UNIT  5 TYPE  6  UNIT/TYPE/INPUT
       OUTPUT  3           6  24   2
       OUTPUT  1           8  65   3
       OUTPUT  3           8  65   5

判りやすいように赤でコメント入れていますが、これを見るとどのコンポーネントが、どのコンポーネントへデータを流しているかを確認することができます。
複雑なモデルで、Simulation Studio上でいちいちコネクションを調べるのが面倒なときには便利な機能です。

0 件のコメント:

コメントを投稿