省エネ法の解説書

新しい省エネ法(H25)が施行されてからしばらく立ちますが、解説資料がなかなか手に入らない。(ときどき参照したい事があるんですよね)

欲しかったのはこちら↓「平成25年省エネルギー基準に準拠した算定・判断の方法及び解説(Ⅱ 住宅)CD-ROM付」

しばらく「改訂作業中」がつづいていて、なかなか在庫が戻らないため、発行元のIBECへ直接問い合わせてみました。

担当氏によると、まだ改訂作業が続いていて、改訂版はしばらく先になりそうとのこと。計算に関する内容は建研(建築研究所)のサイトで公開されていると言うことで、紹介して頂きました。

建築研究所のサイト

住戸の設計一次エネルギー消費量算定方法

http://www.kenken.go.jp/becc/house.html

2015/5/27 追記

上記のサイトを見ていたら非住宅も載ってますね。

住宅・建築物の省エネルギー基準及び低炭素建築物の認定基準に関する技術情報

http://www.kenken.go.jp/becc/index.html

TRNSYS on Windows10(Build 10122)

TRNSYS17DEMOをWindows10(Build10122)へインストールしてみました。
Simulation Studioを起動して、Examplesの3D_Buildingを実行してみた画面。

Windows10で動作中のTRNSYS
Windows10で動作中のTRNSYS

ひとまず、計算はできています。個別のコンポーネントレベルだとどうなのかな?プラグインとか動かないのありそうです。
マニュアルは標準のPDFビューワーだと、目次からドキュメントに飛べません。このあたりの動きはWindows8と同じで、Adobe Readerへ入れ替えるか、直接ドキュメントのファイルを開く必要があるようです。
以上、もし試される方は自己責任でお願いします。Windows自体が思ってもない動きをすることがあるので、お勧めはしません。

気象庁のサイトから気象データをダウンロード

気象庁のサイトにいつの間にかダウンロード機能が増えてますね。(やるな気象庁!)

普段は、あまり気象庁のデータを使うケースはないですが、たまにリアルなデータが欲しくなる時があります。そういう時に便利そうです。

使い方

使い方は、ごく簡単。以下、東京の2014年1月のデータから気温、湿度、日射量をダウンロードした例です。

まずは、 都道府県の画面から「東京」を選択します。

 すると都内の地点が表示されるので、「東京」を選択。

 次に「項目を選ぶ」から「気温」「全天日射量」、「相対湿度」を選びます。

 「期間を選ぶ」の画面へ移動して、2014年1月1日から31日までを出力期間として設定します。

 後は、CSVファイルをダウンロードすれば終了。

 Excelで開くと以下のように表示されます。

※:1年分まとめて出力しようとするとだめでした。どうも一度に出力できる項目数に制限があるようです。気温だけ1年分とか、それぞれの値ごとに出せば大丈夫のようです。