TRNFlowのはじめかた

TRNSYSの多数室モデル(Type56)には、換気連成オプションとしてTRNFlowが用意されています。TRNFlowを使い始める際のポイントを解説します。

新規にTRNFlowのモデルを作成する

基本的な操作は温熱のモデルと同じですが、使用するコンポーネントはTRNFlowを使用します。

TRNFlowコンポーネントを配置

TRNFlowオプションをインストールすると、コンポーネントの一覧にTRNFlow(Type56-TRNFlow)が追加されます。

TRNFlowのモデルを新規に作成する場合は、このコンポーネントを配置してください。

TRNBuildの設定

TRNSYS3D/SketchUpなどでモデルを作成、TRNBuildへImportしたら、こちらもTRNFlowを有効化します。

Navigatorウィンドウで「TRNFlow」をクリックしてTRNFlowウィンドウを表示。Stateの項目で「on」をクリックしてTRNFlowを有効化します。

これでTRNBuildで換気回路の入力ができるようになります。

その後、ファイルを保存してTRNBuildを閉じたら、忘れずにSimulation Studioで「Update building variable list」を実行してください。

TRNFlowコンポーネントの設定

次にSimulation StudioでTRNFlowの設定を有効化して、風向、風速データを接続します。

Input、TRNFlowの値を設定

InputタブにTRNFLowの計算機能をOn/Offする項目が用意されています。この項目を1に設定します。

余談ですが、この項目を使ってTRNFlowを使用する時間帯や期間を切換えることができます。例えば、夏期や中間期など一定の期間だけTRNFlowを有効化して自然換気の検討をするといった使い方ができます。

風向、風速データの接続

TRNFlowの計算では、風向、風速データが必要です。気象データリーダーとType56-TRNFlowの接続に風向、風速を追加します。

これでTRNFlowの設定は完了です。あとは、TRNBuildを使って換気回路の設定を行います。

既存モデルをTRNFlowに変更する

すでに作成ずみの多数室モデルに換気回路を追加する場合は、コンポーネントを入れ替えます。

Type56を選択して、右クリックして表示されるメニューから「Replace」を選択します。

ここで、”C:\TRNSYS18\Studio\Proformas\Loads and Structures\Multi-Zone Building with Air Flow (TRNFLow)\Type56-TRNFlow.tmf“を選択して、コンポーネントを差し替えます。

コンポーネントのアイコンがType56-TRNFlowに変わっていれば変更完了です

あとは新規の場合と同様です。TRNFlowの有効化、風向、風速データの接続を行って下さい。

動作環境

以下の環境で動作を確認しています。

  • Windows10 Pro(64bit, 21H1)
  • TRNSYS18.02.0002(64bit)
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です