DckファイルからTPFを復元する

まれにですが、TPFじゃなくてDckファイルのみ送られてくることがあります。

海外の方に多く見られる傾向なんですが、なんでだろ? DckファイルだけでもTRNSYSの計算はできるんですが、なんのコンポーネントを使っているのかさっぱり分からない。(慣れるとDckファイルが読めるようになるんですが、またそれは別の話)

yuizi

こういう場合、よくした物でSimulation StudioにはDckからTPFを復元する機能が用意されています。

使い方

1.メニューから、[File]-[Import TRNSYS Input File…] 選ぶ

[File]-[Import TRNSYS Input File...]
[File]-[Import TRNSYS Input File…]

2.Dckファイルを選択して「開く」ボタンをクリック

Dckファイルを選択して「開く」ボタン
Dckファイルを選択して「開く」ボタン

3.Dckファイルが読み込まれてTPFが復元されます。

DckファイルからTPFが復元される
DckファイルからTPFが復元される

注意点としては、Dckファイルが標準以外のコンポーネント、例えばオプションのコンポーネントや、自作のコンポーネントを使われているとうまく復元できません。

その場合、計算に必要なコンポーネントがそもそも不足している状態なので、Dckファイルの作成元と相談して入手する必要があります。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です