eveBIM-TRNSYSの製品紹介を和訳してみた。

以前に紹介したBIMデータからシミュレーションデータへの変換ツール、eveBIM-TRNSYSの製品紹介ページを和訳してみました。

原文はcstbのこちらのサイト

以下、Google翻訳&意訳で仏語からの訳です。日本語が少々堅いのはご勘弁。

——–

デジタルモデルをTRNSYSソフトウェアにインポートするためのモジュール

BIMからTRNSYSへのゲートウェイ

eveBIM-TRNSYSデジタルモックアップビューアを使って、建物をTRNSYSのプロジェクトへ簡単に入力できます。建物やシステム向けの動的シミュレーションソフトウェアを使用するすべてのTRNSYSユーザー(設計事務所、製造業者、ガス、電力供給業者、大学)を対象としています。

さらに

コラボレーション – IFCフォーマットは、プロジェクト関係者間の相互運用性を促進相補的 – TRNSYSプロジェクトへの建物の入力を容易にする

機能

デジタルモデルから温熱シミュレーションへ..

eveBIM-TRNSYSデジタルモックアップモジュールにより、TRNSYSプロジェクトへ建物を簡単に入力できます。BIMモデルからTRNSYSの建物モデルへの変換はIFC(Industry Foundation Classes)標準交換フォーマットを介して行われます。

eveBIM-TRNSYSモジュールでは様々な機能を利用してTRNSYSプロジェクトへの変換が行えます。

  • 建築要素のツリービュー表示機能
  • インタラクティブな3D表示機能
  • 温熱計算のためのゾーニング処理
  • 建物外皮(壁、開口、床、屋根)の形状調整
  • モデルへの物性値の割り当て
  • TRNSYSの計算用ファイル(.buiファイル、.dckファイル)の自動生成
  • 検証のための簡易シミュレーションの実行
  • TRNSYS Simulation Studio、TRNBuildの起動

時間を節約し、生産性を向上

eveBIM-TRNSYSは、TRNSYSソフトウェアのデータ入力に要する時間を削減し、分析や最適化のための時間を確保します。設備機器やシステムに集中することができます。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です