コンポーネントのカスタマイズ

よく使用するコンポーネントの設定はProformaを使ってカスタマイズする事ができます。

Proformaとは?

そもそもProformaが何かというと、Simulation Studioの画面右側のツールバー(Direct Access Toolbar)に表示されるコンポーネントアイコンを定義するファイルです。コンポーネントの1つ1つに対して用意されています。

Proformaではコンポーネントのアイコンの他、ParameterやInputのデフォルト値を定義する事ができます。1つのコンポーネントに対して、設定の異なる複数のProformaを用意することもできます。

頻繁に使用するコンポーネントの設定があれば、専用Proformaを作成しておくと効率的に作業できます。

以下、Type65を例にProformaをカスタマイズする例です。

Type65 Online Plotterのカスタマイズ

Type65は計算結果の出力に使われる定番のコンポーネントですが、デフォルトではタブ区切りのファイル形式になっています。

後でExcelで加工することを考えた場合、カンマ区切りのCSV形式で出力するのが効率的です。

リンク先の例では、配置したType65をExcelで扱いやすいように、2箇所の設定を変更しています。

  • デリミタ(区切り文字)をカンマ”,”へ変更
  • ファイル拡張子を”.csv”へ変更

これらの設定を変えるのはそれほど手間でもありませんが、毎回同じ設定をするのも面倒です。専用のProformaを用意して、カスタマイズしてみます。

専用Proformaを作成する

はじめにProformaを用意します。この例ではType65cの既存のProformaを元にカスタマイズを行います。

まず、ツールバーのType65のアイコンをダブルクリックしてProformaを開きます。

メニューから[File]-[Save As…]を選んで、既存のProformaと区別しやすい名前(この例ではType65c_CSV)で保存します。

出力ファイル形式の変更

Parameterを変更して出力ファイル形式をCSV形式へ変更します。

  1. 「Variables」タブを選択
  2. 「Variables(Parameters, Inputs, Outputs, Derivatives)」ボタンをクリック
  3. 「Parameters」タブをクリックして、
  4. 「Output file delimiter」の項目を選択
  5. 「Modify」ボタンをクリック

「Variable edition」ウィンドウが表示されるので、「Default value」へ2を入力します。

これで出力ファイルがCSV形式になります。

OK」ボタンを何度かクリックして、Proformaのウィンドウまで戻ります。

出力ファイルの拡張子をCSVへ変更

ファイル形式に合せて、ファイルの拡張子も変更します。

  1. 「File」タブを選択
  2. ファイル名のデフォルトを”***.csv”へ変更

これでProformaの変更は終了です。メニューから[File]-[Save]を選んでProformaを保存したら、Proformaウィンドウを閉じます。

ツールバーの更新とコンポーネントの確認

[Direct Access]-[Refresh tree]を選んで、ツールバーの表示を更新します。

図のように作成したProformaが表示されたら準備完了です。

Type65c_CSVを配置して、「Parameter」タブの「Output file delimiter」が2になっているのを確認して下さい。これでCSV形式で出力するType65の出来上がりです。配置しただけでCSV形式のファイルが出力できます。

まとめ

  • 1つのコンポーネントに対して、複数のProformaを用意することができます。
  • よく使うコンポーネントの設定はProformaのデフォルトを変更する事でカスタマイズが可能です。

動作環境

以下の環境で動作を確認しています。

  • Windows11 Pro(64bit, 21H2)
  • TRNSYS18.04.0000(64bit)
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。