拡張アメダス

TRNSYSで拡張アメダス2010年版を使う(0.1.3) TRNSYS

TRNSYSで拡張アメダス2010年版を使う(0.1.3)

2020/08/31 相対湿度の計算で標高の影響と気温が氷点下になる場合の影響が大きかったため計算方法を見直しています。 拡張アメダス気象データ2010年版をType99AMeDAS用に変換するツールを作成しました。 TRNSYSに用意されている気象データリーダー、Type99AMeDASは1995…
Pythonでパッシブ気候図を描く 気象データ

Pythonでパッシブ気候図を描く

地域の気象特性を読み解くのに、とっても便利なパッシブ気候図。先日Pythonで作った拡張アメダス気象データを読み出す処理を使って、パッシブ気候図の描画処理を試作してみました。 下の図は各月の時刻別の平均気温×12ヶ月をベースに作成した気温のパッシブ気候図です。 東北のある地点ですが、年間を通して日較…
Pythonで拡張アメダスを読む 気象データ

Pythonで拡張アメダスを読む

2020/07/24 パッケージとしてGitHubで公開しました。 https://github.com/TRNSYSJP/weapy 2019/06/11 初出時に拡張アメダスのファイル名を間違えていたので、修正しました。2019/06/12 リマークの削除処理を更新 拡張アメダス気象データ(EA…
拡張アメダス気象データをWindows7で使うと。。。 気象データ

拡張アメダス気象データをWindows7で使うと。。。

久しぶりに拡張アメダス気象データ(AMeDAS)を使おうと思ったら変な動きをします。 具体的には気象データはDVDから読み込めたのに「データの表示」で選択肢の一覧に表示されません。 対応OSがXPなので、Windows7で使おうとしているのが駄目っぽいです。原因はおそらく、Vista以降のセキュリテ…