gbXMLのツール

ひさしぶりにgbXMLのサイトのぞいてみたら、いろいろと面白いモノがGitHubで公開されています。

image

gbXMLReadWriteSDK_CSharp

C#で実装されたgbXMLのSDK。Geometry(形状) と thermal properties(物性値)に対応しているらしいので、建物の計算はひとまずできるぐらいの実装はされているんでしょうか?
以前に自力で実装したことあるんだけど、クラスが多すぎて一部だけでも実装するのすっごい大変だった。どのていど対応してるのか非常に気になる。

gbXML-to-IDF-Test-Cases

Autodesk(Revit?)のgbXMLをEnergyPlus/IDF形式への変換処理。JavaScriptで書いてあるらしいんだけど、gbXMLのパーザーってあるの??
それにしてもだ、IDFに変換できるという事は(必要な情報はほぼ同じなので)TRNSYSの多数室モデルへも十分に変換できそうな気がする。機会があれば試してみたい。

gbXML Schema Review (ver 6.00)

gbXML ver6.0 のSchema Reviewが始まってますね。

Version 6.00 – September 2015 (Review version, only)

EnergyPlusのHVACTemplateへの対応をメインとした規模の大きなバージョンアップのようです。

e+のHVAC系の定義って専門的すぎるので、単に負荷計算したい場合とか大変そうなんですよね。

HVACTemplate対応ということは、そのあたりの取り回しを考慮するのが意図なのかな?

しかし、gbXMLって、どんどんe+にコミットしていきますね。(もうちょっと汎用フォーマットかと思ってた)

TRNSYS-USERS拾い読み(気象データ)

TRNSYS-USERSから気象データの話題をピックアップ。入手先として以下のサイトが紹介されていました。

Energy Plus Weather:
http://apps1.eere.energy.gov/buildings/energyplus/weatherdata_about.cfm
White Box Technologies:
http://weather.whiteboxtechnologies.com/
Weather Analytics:
http://www.weatheranalytics.com/wa/

EnergyPlusのサイトは良く出てくるので知ってたけど、あとの2つは初耳です。日本だと拡張アメダスの独壇場なので、あまり関係ないかもですが、海外の案件など取り組む際には役立ちそうです。
と言うことでメモ代わりに書き残しておきます。

ODS Studioを試してみる

オープンソース系のツールから構成されるODS Studioっていうソフトウェアがあります。

オーストラリアのODS Engineeringが開発中のものなんですが、数日前からAlphaバージョン(取り合えずの機能実装版)のリリースが始まりました。

EnergyPlus, OpenFOAM, RADIANCEとおなじみのツールのフロントエンドして機能するようです。

で、早速ダウンロードしてみた。ファイルを解凍すると。。。

なにこれ?( ゚д゚ )ポカーン

なんかスクリプトしか出てこない。。。

どうも、なんかのプラグインっぽい。

しょうがない(しょうがなくもないけど)ので、まじめにドキュメントを読み始めたら、これってBlenderのプラグインとして実装されているんですね。(こういう大事な話はトップページに書いとけよ。。。)

ということで、今度はBlenderをインストールしてみる。

とは言え、そもそもBlenderの使い方が分からないのでチュートリアルから取組中。なかなか本題にたどり着けません。

建築じゃありえない形状を作成中。

しかし、Blenderってボタンだらけで、ビギナーにはプレッシャーな画面ですね。どうせならSketchUpにしてくれないかな。。。

つづく。

TRNSYSの紹介など

建物エネルギーシミュレーション勉強会(東京大学、今野先生)でTRNSYSの紹介の時間をいただきました。

TRNSYSの機能紹介など予定しています。

ESP-r、EnergyPlusの事例紹介もあるので、建物のシミュレーションにご興味のある方には、ちょっとお得な内容です。

2011/11/17(木)13:30からUstreamで配信の予定です。
配信はこちらから→http://www.ustream.tv/channel/opencae