TRNSYSのコンポーネントを自作する(メモ)

テスト用にTRNSYSのコンポーネントを作り始めてはまる。

データファイルの読み込みでエラーが起きるので、あれやこれや、調べてたらLU(論理装置番号)を実数で扱ってたことに「はた!」と気づく。とほほ。
TRNSYSのデータはすべて”DOUBLE PRECISION”で扱われるので、LUみたいにINTEGERじゃないといけない値をキャストし忘れると、意味不明なエラーに悩まされます。

本文と写真は無関係です。UCSD p-Systemで動く世界初のデスクトップコンピューター。


Terak Microcomputer / purpleslog

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です