ちょっとだけシミュレーション

打ち合わせでシミュレーションの話をしていて、相手がやりたいのはシミュレーションじゃなくて結局プレゼンなんだなと、思い至る。

それ以上、話は進みませんでしたが、これは、なにか条件を変更したら、どんな影響が出るのかわかれば十分という感じか?

というか、設計者が計算結果を見て、クライアントに説明するのって、実際かなり大変です。数字を並べても普通の人は、なかなかぴんとこない。

ポイント絞って,どんな効果があるかシンプルに説明しないと、なかなか伝わらない。

それなら、いっそ、ごくシンプルなシステム作ったら需要あるかなと思いスケッチを起こしてみる。

変更できるのは窓の種類だけ。出力は室温と光熱費のグラフだけ。その他条件は一切表示なし。(裏で、ちゃんと設定できるようにするけど)

使い方は、設計者が

「ほら、窓を2重サッシにすると、部屋が暖かくなるでしょう?」

とか、

「それと、ここ見て、窓を変えていくと,光熱費、ぐーっと下がりますよ、ね」

みたいなシンプルな説明をするシーン限定。我ながら書いてて、なんか通販番組みたいだな。

窓の他に、断熱材編、日射遮蔽編とかシリーズで何パターンかあると、説明用にわかりやすい物ができそうな気がする。

これぐらい、シンプルなのってどうでしょうか?需要「あり!」って言っていただけると、やる気がわきます。もしかしたら作る気になるかもしれません。

できたら予算付きで「あり!」って言ってもらえると、大変助かります。すぐに作ります。

ネギしょって相談に来る方、募集中。

Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です