TRNSYS17.1を試す:Movable Shading

窓のShading Factorが条件で変更できるようになりました。可動式ルーバーとか、ブラインドみたいなものが扱えます。

今までもInputで扱えば開閉状態を扱えましたが、条件をWindow Typeで指定できるため、設定が格段にやりやすくなりました。

日射の影響って大きいですから、ちょっと試してみるのにはもってこいです。

具体的には、WINDOWの新しい設定項目「integrated radiation control acc. to window type」がそれです。

これをチェックすると、Window Type で指定した条件でShadingの開閉を行なってくれます。

Window Typeはというと、開閉条件を以下のように指定します。

慣れないと難しそうな指定ですが、TRNSYS3Dで作ったデータなら、インポートの際に新しいダイアログが表示されて、簡単に条件を指定できます。下図。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です