TRNSYSで間仕切りに窓をつける

間仕切りに窓って言うとなんか変な感じがしますが、内部開口について、立て続けに尋ねられたので、ちと、まとめてみようかと思います。

内部開口が必要なモデルはどんなモデルかと言えば、例えばこんなモデル。

分かりやすいようにX-Rayモードで表示すると、こんなモデル。

断面を切って表示すると、こんなモデル。

同じモデルを表示変えて出しましたが、ただやってみたかっただけです。すみません(._.)

外壁に開口部以外に、室内側にも開口があるようなモデルです。

住宅だと縁側、ビルだとダブルスキンのようなモデルです。

話を戻すと、TRNSYS17から内壁(Adjacent Wall)にもWindowを配置できるようになっています。

外壁上のWindowと区別してAdjacent Windowと呼びます。

上の図の例のようにTRNSYS3Dでモデル化したものを作るとAdjacent WindowとしてTRNBuildにインポートされます。

TRNBuildで見るとこんな感じ。

Adjacent Wallの中にWindowが入っているのがわかります。

通常のWindowとExternal Shading Factorがない以外は一緒ですね。

日射の影響もちゃんと考慮して計算してくれます。

これ分かりやすいようにTRNSYS3Dでモデルを作りましたが、TRNBuildで通常の手順で作ることも、もちろん可能です。

Pocket

One Reply to “TRNSYSで間仕切りに窓をつける”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です