TRNSYSのコンポーネントに詳細情報を追加する

TRNSYSというか、ほとんどFORTRANのネタです。というかIntel Fortranネタですね。

コンポーネントを作ってて、ふとファイルのプロパティを見てみたら。。。

なんかどうも味気ない。製品名とか著作権とか、何も表示がないので、ちょっと寂しい。

こういう場合C++だと、リソースを追加すればOKなので、FORTRANでも同じだろうと追加してみたら、ちゃんと詳細情報が追加できました。

まずはリソースの追加

ソリューションエクスプローラーで、Resource Filesを選んで、リソースファイルを追加する。

次に、リソースファイルにVersionリソースを追加する。

Versionリソースを開いて、試しにProductNameを変更する。

そして再ビルド 

ファイルのプロパティを確認すると。

設定した製品名がちゃんと反映されています。

ファイルの説明とか、著作権なんかも設定できるので、このコンポーネントのDLLってなんだっけ?って時や、バージョン管理したいときに役立ちそうです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です