TRNSYSコンポーネントのドキュメントを機械翻訳

TRNSYS, Simulation Studioにはコンポーネントの設定項目(ParameterやInput)の説明をHTMLでエクポートする機能があります。

ParameterやInput,Outputの項目をブラウザで確認できるので非常に便利な機能です。

ブラウザの翻訳機能

ブラウザにもよりますが、翻訳機能が使えるブラウザなら日本語訳で表示できます。

じゃっかん訳が微妙な時もありますが、ざっと内容を確認するのには十分です。

下の画面はGoogle Chromeの表示例。英文のままよりだいぶ読みやすくなります。

動作環境

以下の環境で動作を確認しています。

  • Windows11 Pro(64bit, 21H2)
  • TRNSYS18.04.0000(64bit)
  • Chrome 102.0.5005.63(Official Build) (64 ビット)
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。