TRNSYS16をVista,Windows7で使う

2011/3/31追記: Windows7であればXPモードで使うの安心、安全なようです。

今更ながらのネタですが、TRNSYS16をVista、Windows7で使う際の注意点です。

TRNSYS16では既定で”C:Program FilesTRNSYS16_1″にインストールを行います。
これが原因でVista以降では動作が怪しいときがあります。

TRNSYSは計算の途中でデータファイルやら中間ファイルやらをいろいろと必要としますが、インストール先が”Program Files”なので管理者権限がないと書き込みに失敗して動作しないことがあります。
管理者権限で作業すれば回避できますが、それでもエクスプローラーでファイルを確認しようとしても見あたらない、でもTRNSYSから開こうとすると見えるなんて不思議なことが発生します。

これはVista以降でセキュリティ関連が強化されたのが原因です。そもそも”Program Files”にファイルを頻繁に書き込むのは推奨されないようです。

で、対策ですが、これはすごく単純です。”Program Files”にTRNSYSをインストールしているのが原因なので、それ以外にインストールしてあげればオッケー。

例えばインストールする際に、インストール先として”C:TRNSYS16″とかを指定してあげれば回避できます。

注意点!!
オプションのコンポーネントとかアプリケーションをインストールする際も既定のフォルダに入れようとします。その都度、ただしパスを指定してあげてください。

WinMergeで結果を比較する

シミュレーションツールを使っていると、やたらとファイルを比較する機会があります。

例えば、条件を変えてシミュレーションを繰り返して結果を比較したい場合や、条件設定を変えてデータファイルのどこが変更されるか確認したい場合などです。

後者はちょっとわかりにくい話ですが、TRNSYSやCOMISってGUIで設定したデータをいったんファイルに書き出してから実行しています。このファイルの中身を確認したい時ってあるんですよね。

そんなときに便利なのが比較ツール、WinMerge。

http://winmerge.org/

これ本来はプログラミングなんかでソースコードの比較やデータの比較に使うための物ですが、シミュレーションデータや結果を比較にするのにも重宝します。

上記のurlからダウンロードしてインストールしたら、使い方はすごく簡単。比較したいファイル2つを選んでマウスの右クリックで「WinMerge」を選ぶだけ。

以下はCOMISのCIFファイルを比較している例です。

ゾーンの温度の出力を追加する前後のCIFを比較ています。

変更前後のファイルを選らんで、WinMergeを選択

ファイルを選択状態にして、右クリックでWinMergeを選択
ファイルを選択状態にして、右クリックでWinMergeを選択

差分が表示されます

選択中のファイルの差分が表示される
選択中のファイルの差分が表示される

比べてみると、CIFで温度の出力って、こういう指定すんのね、”TZ”で指定すんだね、というのがすぐに確認できます。

COMISのGUIで設定を変更するのは簡単なんですが、基本的にCIFが読めないと使いにくいツールです。でもマニュアルからCIFの設定を探すより、GUIで変更して、差分を取るとCIFの設定項目を簡単に確認することができます。