Translate

2012/12/05

TRNSYSのリストファイルのサイズが10GB超!?

複雑な計算を始めたら収束しなくなってしまいました。パラメータをあれやこれや調整しながら再計算。やっぱり途中で止まってしまうので、エラーを確認しようとリストファイル(*.lst)を開こうとしたら、開けない。
大きすぎるって、どんなサイズ?確認したら10GBを超えてました。10GBですよ、10GB!10MBでも、10kbでもなくて10GB!

このサイズだとメモ帳じゃ開くのはムリ、開発に使っているエディタでも開けない。コマンドプロンプトからTypeしてみたら、表示が終わる気配がまるでない。
思い余ってPowershellのスクリプトで表示しようとしたら、PCのメモリを使い尽くす始末。どうやって中身を見ろと。。。

頭を切り替えて、リストファイルに書き出される内容を変更できないか再検討。改めてファイルをTypeして最初の方を見たら、やたらとトレースの値を書き出している。
このトレースの出力がものすごい書きだされているので、10GBを超えるようなサイズになっているっぽい。
TRNSYSには、あるタイムステップで、イタレーションが一定回数を超えたらトレースを開始する設定があります。
【Control Cardsの設定画面】

なかなか収束しない計算だったので、あっというまに上限を超えて、書き出しを始めていたようです。
ひとまずエラーメッセージを確認したいので、ここに大きな値を設定して、どうにかどうにかエラーメッセージを確認することが出来ました。

結局のところ、やっぱり収束しないのが原因でエラーになっていた。。。これはタイヘン。





0 件のコメント:

コメントを投稿