TRNSYS3Dでモデルが変なコトに。。。

昨日の記事で使ったデータを再読み込みしてみたら、おかしなことになってしまいました。

データの作り方によるのか、一部の面が消えてしまっています。なぜ??

あれこれ試行錯誤しながらモデルを作りなおして、保存&読み込みを繰り返して試してみました。

原因は「プッシュ/プル」か?

何度かモデルを作りなおして気が付きましたが、どうも「プッシュ/プル」の使い方で、うまく行かないケースがあるようです。

駄目なケース

「プッシュ/プル」で面をひき出す

大丈夫なケース

「プッシュ/プル」で側面から切り欠く

「移動」で変形する

まとめと。。。

どうも「プッシュ/プル」で面を引き出すと、側面部分(庇状の出っ張り部分)の面処理がうまくいっていないようです。

このため、側面から切り欠くようにしたり、「移動」コマンドで加工するとうまくいきます。

確認のため開発元のTRANSSOLAR社にも問い合わせたところ「『移動』だと問題起きないよ」という返事が返ってきました。いや、そういうこっちゃないんだけどな。

ともあれ、図形を加工する際にはしばらく注意が必要ですね。

2013/1/24 追記 続報

この件はOpenStudioとSketchUpの処理で起きている現象のようです。TRNSYS3Dは元々NRELで公開されているOpenStudioのPluginをベースに開発されています。

ソフトウェアとしては、以下の様な構成になっています。

SketchUp + OpenStudio + TRNSYS拡張

モデリングに関してはOpenStuido側で処理しており、開発元でも対応できないようです。逆に言うとOpenStudioの今後のバージョンアップで直ってしまう可能性もあります。ということで、今後のバージョンアップに期待したいところです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です