Simulation Studioのレポート機能と日本語

TRNSYS Simulation Studioにはレポート機能があります。

コンポーネントの接続関係をテキストファイルに書き出してくれます。(接続関係をチェックする時など便利な機能です。)

使い方は簡単で、プロジェクトを開いて、Fileメニューから「Report…」を選ぶだけ。

メモ帳が起動して、接続関係が表示されます。(下図)

Fileメニューから「Report…」

Fileメニューから「Report…」

で、ふとコンポーネントに日本語の名前を付けたらどうなるか気になったので試してみました。

用意したのはコチラのデータ。ExamplesのSDHW.TPFのコンポーネントに日本語の名前を付けてみた。

コンポーネントに日本語の名前を付けたプロジェクト
コンポーネントに日本語の名前を付けたプロジェクト

レポートを書き出してみると。。。

Fileメニューから「Report…」
Fileメニューから「Report…」

ちゃんと日本語でてますね。英語のレポートに比べて、急に分かりやすくなった気がします。

以上

Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です