BIMビューワー、eveBIMを試してみた

cstb(フランス建築科学技術センター)のサイトからBIMビューワー、eveBIMをダウンロードして試してみました。

eveBIMのサイトで、ダウンロード(画面左側の赤枠部分)をクリックして必要事項を入力します。仏語のサイトなので、google翻訳など適宜利用して入力します。

eveBIMのサイト
eveBIMのサイト

しばらくすると、ダウンロードのリンクがメールで届きます。Windows版とMac版のリンクが届くので、Windows版をクリックしてダウンロード。

Windows版をダウンロード
Windows版をダウンロード

あとはダウンロードしたファイルをダウブルクリックしてインストールすればOK.下の画面はサンプルを表示してみたところです。IFCのクラス(オブジェクト?)がきれいに読み込まれています。

サンプルを表示
サンプルを表示

下は1階だけ選択して表示した画面です。

1階のみ表示した例
1階のみ表示した例

TRNSYSへの変換は、対象室を選んでBuiファイル(.b17,.b18)へ変換するようです。そのあたりはまたの機会に試してみます。

Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です