TRNSYSとMatlabを連成計算

TRNSYSにはMatlabと連携するType155が用意されています。下の図はEamplesフォルダのサンプルモデルです。

この例では太陽熱集熱器の計算にMatlabを使用しています。この例のようにTRNSYSからは通常のコンポーネントと同じように扱うことができます。

"C:\TRNSYS18\Examples\Calling_Matlab\Calling Matlab.TPF"
“C:\TRNSYS18\Examples\Calling_Matlab\Calling Matlab.TPF”

Type155について

Type155はInputで受け取った値をMatlabの.mファイルで計算、結果をOutputへ出力します。

Matlabを使用する場合、TRNSYSとMatlabのバージョンの組み合わせごとに専用のType155が必要になる点に注意が必要です。

さらに、どちらも32bit, 64bitの2種類があります。こちらもTRNSYS, Matlabで種類を合せる必要があります。

TRNSYS17は32bitアプリケーションのため、連携するMatlabも32bit版が対象になっています。

TRNSYS18からは64bitアプリケーション化されているため、連携するMatlabも64bit版が対象になります。

32bit,64bitの組み合わせを簡単にまとめると次の表のようになります。

バージョンMatlab
TRNSYS17(32bit)Matlab 32bit版
TRNSYS18(64bit)Matlab 64bit版
TRNSYSとMatlabの32bit,64bitの組み合わせ

Matlabのバージョン

Matlabって半年間隔で新しバージョンがリリースされます。下の表はここ数年のリリースです。この表には2018年以降が記載されていませんが、たぶんリリースされています。(気になる方は販売店へ問い合わせてみて下さい)

Matlabのバージョン
Matlabのバージョン(Wikipediaより引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/MATLAB)

TRNSYSと連携する場合、それぞれのバージョンに対応した専用のType155が必要です。バージョンの他、上述したように32bit/64bitの違いもあるので注意が必要です。

例えば、TRNSYS18とMatlab R2016bを組み合わせて使用する場合、Matlabも64bit版、Type155もR2016b対応の64bit版が必要です。

組み合わせが多いため、もしType155を使用される場合はサポートまでお問い合わせ下さい。おそらく適切なType155を個別対応でご提供することになります。

Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です