保温カーテンの効果が出ない(TRNSYS-USERSより)

TRNSYS-USERSに保温カーテンに関しての質問が流れていました。Windows typeのAdditional Thermal Resistanceを設定しても熱損失に影響しなかったようです。

[TRNSYS-users] Internal shading device problem in Type 56

温室で作物を保護するため保温や遮蔽の目的でカーテンを使うことがあります。その効果を検討するため保温カーテンの熱抵抗としてAdditional Thermal Resistanceを設定しているようです。でもなぜか計算結果に影響がでない。

Additional Thermal Resistance

Window Typeには、窓そのものの他にカーテンやスクリーンなどの遮蔽物の設定項目が用意されています。(図の赤枠の項目)

Window type, Optional Properties of Shading Devices

この中にAdditional Thermal Resistanceという項目があります。ここで窓の外気側、室内側それぞれの遮蔽装置(カーテンやスクリーンなど)としての熱抵抗を設定できます。

Additional Thermal Resistance

上の図ではInternal, external deviceともに0なので、何も設定されていない状態です。ところが、この項目に値を設定しても熱損失は変わらなかったようです。

カーテンは閉めないとね

Window typeで設定しているAdditional Thermal Resistanceは遮蔽装置の熱抵抗を設定します。

設定しているのはカーテンの熱抵抗です。カーテンが使われていない条件、つまり閉じていないと効果としては考慮されないんですよね。

カーテンの開閉状態に相当する設定がどこにあるかというと、それはZoneの設定です。

ZoneでWindow typeが割り当てられた窓のinternal shading factorを設定してはじめて計算に反映されます。

Internal shading factor

注:図ではinternal shading factor(遮蔽率)を0.4を指定していますが、この例では適当に決めています。カーテンの遮蔽率ってどれぐらいなんでしょうね?

それはともかく、internal shading factorに0以外の値が設定されると閉じた状態とみなされて Additional Thermal Resistance が考慮されます。

カーテンの物性値を設定したら、ちゃんと閉じる設定もしましょう。

shading factor Additional Thermal Resistance
0 = shading factor考慮されない
shading factor > 0考慮される

動作環境

以下の環境で動作を確認しています。

  • Windows10 Pro(64bit, 21H2)
  • TRNSYS18.04.0000(64bit)

Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です