TRNSYS のトラブルシューティング

計算が上手く行かないとイヤですよね。そういうときに手掛かりになるのがlogファイルとlistファイルです。

TRNSYSは実行中の情報をlogファイル(ログファイル)とListファイル(.lstファイル、リストファイル)に書き出しています。この2つのファイルにはエラーメッセージやワーニングなど、参考になる情報が含まれています。

下の図はBegin.tpf(C:\TRNSYS18\Examples\Begin.tpf)を実行した直後のフォルダの状態です。プロジェクト名と同じ名前で.log, .lstの2つのファイルが書き出されています。

ちなみにError Managerに表示される情報はこれらのファイルが元になっています。ファイルを直接開いて確認することもできますが、情報量が多いので通常はError Managerを利用するのがお勧めです。

分量が多いのでここには載せませんが、気になる方はメモ帳などで開いて確認してみて下さい。

Error Managerについては以前の記事を参照して下さい。

logファイルとListファイル

それぞれ次のような情報が書き出されます。

logファイル

計算実行中のメッセージ(Error, Warning, Notice)が書き出されています。

Listファイル

logファイルの情報に加えて、計算に使用したDckファイル(デックファイル、デッキファイル)、追加情報(Trace情報など)

図にすると次のような関係になっています。

logファイルとlistファイルの内容

これから分るように、Listファイルにはlogファイルの情報も含まれています。これらなlistファイルだけあればこと足りる気がしますが(実際事足ります)、なにか処理上の都合で2つに分かれているようです。(たぶん)

前述したようにError Managerはこれらのファイルを参照しています。サポートへお問い合わせを頂く際は、listファイルを添付していただけるとより状況が分りやすくなります。

ちなみにError Managerの画面の右上にある「List file…」ボタンをクリックすると、Listファイルを直接開くことができます。

動作環境

以下の環境で動作を確認しています。

  • Windows11 Pro(64bit, 21H2)
  • TRNSYS18.04.0000(64bit)
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。