TRNSYS/Type56の新パラメーター

前々回の続きで、Type56を掘り下げてみました。

TRNSYS17のType56では以下の4つの入力項目が増えてます。

TSGRD 
AZEN    
AAZM
GRDREF

実際に何を渡しあげればいいのか確認のためSimulation StudioのウィザードでProject Typeに”Building Project(multizone)”を指定してプロジェクトを作ってみました。(ちゃんとマニュアル読めって話ですが、お手本を参考にする方が手っ取り早いのです)

調べてみると、以下のようなつなぎ方になってます。

TSGRD(GROUND TEMPERATURE)

説明を読むとGROUND TEMPERATUREとなっているけど、Simulation Studioで作ったプロジェクトを調べると、Dry bulb temperatureにつないでます。(いいのか?)

AZEN(SOLAR ZENITH ANGLE)

これは単純に気象データリーダーのsolar zenith angleからデータを貰っている。


AAZM(SOLAR AZIMUTH ANGLE)solar azimuth angleを渡せばいいように思えるけど、建物の向きを考慮した値を入力している。気象データリーダーのsolar azimuth angleの値から、Equationで北と建物の軸の傾き分(時計回りが+)を引いた値を指定。


GRDREF(GROUND REFLECTION FOR SKY DIFFUSE RADIATION SHADING)

これはひとまず既定値の0.2のまま。

以上。意外とシンプルです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です