ESP-rとRadianceのインストーラーを作る(7)

さて、前々回前回とQtのインストールがMinGWのバージョンチェックでつまずいております。

そこそこ動く確信はあるので、バージョンチェックを強行突破(無視)して作業を進めてみたいと思います。

と言うことで、前々回のメッセージが表示されたあたりからの続きです。

インストールしても動かないっていってますが、あえて「いいえ」を選択して先に進みます。

ファイルの展開が始まります。これが、かなり長い。コーヒーでも淹れて、気長に待ちます。

無事にファイルの展開が終わったようなので、「Next >」をクリック。

そして、インストール作業が無事完了。「Finish」でインストーラーを終了します。

次はQtのConfigureを実行します。

コマンドプロンプトを起動して、configureを入力します。

いろいろ聞いてきますが、メッセージを読んで、順に選択していきます。

 こんな画面がでたら、作業終了です。

さて、つぎはいよいよRadianceだ。

つづく。

Pocket

2 Replies to “ESP-rとRadianceのインストーラーを作る(7)”

  1. 他でもコメントさせて頂いております.

    Qtが表示された際,「はい」ではなく「いいえ」で良いのでしょうか?
    また,Configureの実行で,
    Unable to detect the platform from environment. Use -platform command lineargument or set the QMAKESPEC environment variable and run configure again
    See the README file for a list of supported operating systems and compilers.
    と出てしまうのですが,なぜなのでしょうか?

    1. こちらも遅ればせながらですが返信します。

      すでに記憶が曖昧で確証はないですが「はい」が正解かも?インストールが続行できればOKです。

      後半のご質問はよく分からないです。この作業以前にいろいろ環境変数とか設定しているので、その関係かもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です