Translate

2013/05/10

Monacaで作るタイムステップ計算機

IT系のツールの展示会へ出かけてきました。
スマホとかタブレットの開発関係を見てきたのですが、昨今はHTML5、CSS、JavaScriptがキーワードなんですね。なんか見ていると、Web系とアプリケーション系がオーバーラップしてます。

Monaca

で、会場の展示でおもしろそうだったのが、このMonacaというツール。ブラウザ上でプロジェクト管理から開発、リリースまでできるという優れもの。ガワはネイティブで、中身はJavaScriptのハイブリッドなアプリが作れます。対象プラットフォームはiOS、Android、Windows8となかなかの対応っぷり。

しかも、これ日本の会社らしく、ドキュメントがすべて日本語。開発ツールとしては珍しいんじゃないだろうか?たいていのツールは英語を話すのばっかなので、ちょっと不思議な感じです。

で、ちょこっと試してみました。
これはプラウザでの開発画面。JavaScriptですねぇ、こまったな、これは。JavaScriptはほぼ素人なんだよ。
ネット上のサンプルを参考に、ちょこちょことHTMLのタグとJavaScriptのコードを書いて処理を追加。
出来上がったのか、こちら。

タイムステップ計算機

じゃーん!
(※iPhone用のMonacaのデバッグアプリで実行。通常のアプリじゃないよ)

我ながらシンプルすぎるUI。HTMLとかCSSとか、よくわからん。ドロップダウンの大きさって、どうやって変更すんだ?

機能はタイムステップの計算のみ。日付と時刻を入れると、タイムステップを計算してくれます。
タイムステップって、TRNSYSユーザー以外には、あまりピンとこない計算機が出来上がりました。

ユーザー登録から半日ぐらいでアプリケーションができのるって、ちょっと感動です。ネイティブアプリだと、さすがにこうはいかないですよね。でもないか?

2013/5/13 追記
ちょっと画面があんまりな感じだったので、作り直しました。だいぶアプリケーションっぽくなってきました。


0 件のコメント:

コメントを投稿