TRNFlowの換気回路をGraphvizで描く(2)

AirlinkToDotの使い方

リポジトリ(https://github.com/TRNSYSJP/TRNSYS.JP/tree/master/Tools/AirlinkToDot)にAirlinkToDotのインストーラーを追加しました。

setup.zipというファイルがそれです。

インストーラーは一般的な形式なので、ダウンロードして解凍したらダブルクリックで実行、何回かボタンを押せば終了です。

使い方を簡単にまとめます。

起動方法

スタートメニューから[TRNSYS.JP]-[AirlinkToDot]-[AirlinkToDot]を選んで起動します。

スタートメニュー
スタートメニュー

BuiファイルをGraphvis形式へ変換

AirlinkToDotの画面で、[Load Bui]をクリックして、Buiファイルを選ぶ、もしくはエクスプローラーからBuiファイルをAirlinkToDotのウィンドウへドロップします。

変換が終わるとGraphvis形式のデータが表示されます。

Graphvisを起動して、新しいファイルを用意したら、先ほどのテキストを選んでドロップします。

あとは、[Layout]ボタンをクリックで、ダイアグラムが描かれます。

レイアウトについて

さて、描かれたダイアグラムを見てみると。。。

横長で少々見にくいですね。

Graphvisには幾つかLayoutが用意されているので、変更してみます。

[Settings]アイコンをクリックして、Layout Engineの項目を変更します。

以下はsfdpを選んでLayoutした例です。

ずいぶん見やすくなりました。

ダイアグラムの記号

図の記号とTRNFlow/Airlinkの対応は次のようになっています。

◎ ZONE
○ External node
□ Auxiliary node
◇ Constant Pressure node
← Window,Door,Crack,Duct

ということで、TRNFlowの換気回路のデータを図として確認することができるようになりました。

2018/12/10 以下を追記

関連記事

GraphvizでTRNFlowの換気回路を描く(0) 
TRNFlowの換気回路をGraphvizで描く(1)
TRNFlowの換気回路をGraphvizで描く(2)
TRNFlowの換気回路をGraphvizで描く(3)

動作環境

以下の環境で動作を確認しています。
Windows10 Pro(64bit, 1803)
TRNSYS18.01.0001(64bit)

※換気回路のデータ形式はTRNSYS17,18で変更がないため、TRNSYS17でも利用可能です。

TRNFlowの換気回路をGraphvizで描く(1)

AirlinkToDot

少し前に試したGraphviz用のプログラムがひとまずできたので公開しました。

GitHub

https://github.com/TRNSYSJP/TRNSYS.JP/tree/master/Tools/AirlinkToDot

ひとまずソースコードの公開です。インストーラーは後で追加する予定です。

使い方

プログラムを起動したら、画面左上の「Load Bui」ボタンをクリックして、換気回路のデータを含んだBuiファイル(*.b17,*.bui)を開きます。

すると、画面にはGraphviz用のデータが表示されます。

このテキストをまるごとコピーして、Graphvizの画面に貼り付けます。

Graphvizを起動したら、左上のドキュメントのアイコンをクリックして新しいファイルを用意します。

クリップボードから先ほどのテキストを貼り付けます。

次に右端のLayoutアイコン(ランナーみたいなアイコン)をクリックすると、ダイアグラムが生成されます。

試しにTRNFlow_exampleのデータを描画した例。

2018/12/10 以下を追記

関連記事

GraphvizでTRNFlowの換気回路を描く(0) 
TRNFlowの換気回路をGraphvizで描く(1)
TRNFlowの換気回路をGraphvizで描く(2)
TRNFlowの換気回路をGraphvizで描く(3)

動作環境

以下の環境で動作を確認しています。
Windows10 Pro(64bit, 1803)
TRNSYS18.01.0001(64bit)

※換気回路のデータ形式はTRNSYS17,18で変更がないため、TRNSYS17でも利用可能です。

TRNSYS関係のリポジトリを作成しました

TRNSYS.JPリポジトリ

以前に公開したTRNSYS関係の投稿やスクリプトなどのデータをGithubのリポジトリにまとめました。

TRNSYS.JP
https://github.com/yuizi/TRNSYS.JP

ひとまず以下のデータを登録しています。

・TRNSYS入門(Word形式)

以前に書いた、投稿をまとめてWord形式のドキュメントにしてあります。

TRNSYS(1) TRNSYSとは?
TRNSYS(2) TRNSYSの仕組み
TRNSYS(3) アプリケーションの構成
TRNSYS(4) Simulation Studioの基本操作

・SketchUpのスクリプト(Ruby)

TRNSYSのBuiファイルから形状を復元してみる
TRNSYSのBuiファイルから形状を復元してみる(つづき)
TRNSYSのBuiファイルから形状を復元してみる(つづき、その2)

・エディタNotepad++の言語定義

TRNSYSのDckファイルを見やすくする
TRNSYSのBuiファイル(*.b17)を見やすくる

使い方

githubに登録して改良するのもありですが、単にダウンロードして使うのもありです。

リポジトリのurlへアクセスして、画面右下の「Download ZIP」をクリックするとZip形式で一式ダウンロードできます。

「Download ZIP」をクリック
「Download ZIP」をクリック

使い方については、それぞれフォルダごとにReadmeを用意してあるので、そちらをご参照下さい。

ライセンス

ライセンスはクリエイティブ・コモンズで、基本的に好きに使えて、改変も自由(非営利の場合)、再配布は同じ条件にしてあります。

quattro corporate design Co., Ltd. 作『TRNSYS.JP Library』はクリエイティブ・コモンズ 表示 – 非営利 – 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

このフォルダに含まれるすべてのデータは非営利の利用に限定していますが、企業などで自習、参考資料などの目的で使用される場合を除きます。 その他の目的で商用利用が必要な場合は個別にご相談下さい。