新しいTRNSYSコンポーネントを作成する

前回のつづきです。

サンプルのプロジェクトを利用して新しいコンポーネントを作成する手順の紹介です。この例ではサンプルプロジェクトを元にType202を作成しています。

※予めGithub/TRNSYS.JPから関連するファイルをダウンロードしておいてください。

1 作業フォルダの準備

はじめにサンプルのプロジェクトをコピーして作業用のフォルダを用意します。

フォルダ(”C:TRNSYS18\Compilers\MyType201″)をコピーして名前をMyType202へ変更します。

プロジェクトをフォルダごとコピーする
プロジェクトをフォルダごとコピーする

2 ソースコードの準備

Simulation Studioで新しいType(MyType202)のプロフォルマを作成、FORTRANのソースコード(Type202.f90)を同じフォルダへエクスポートして置きます。

FORTRANのソースコードをエクスポート
FORTRANのソースコードをエクスポート

3 プロジェクト名の変更

Visual Studio 2017を起動して、ソリューション(MyType.sln)を開き、プロジェクト名をMyType201からMyType202へ変更します。

プロジェクト名を変更
プロジェクト名を変更

※このプロジェクト名の変更で、出力されるDLLの名前がMyType202.dllへ変わります。

4 ソースコードの差し替え

既存のソースコード(Type201.f90)をプロジェクトから削除(クリア)する。

既存のソースコード(Type201.f90)をプロジェクトから削除
既存のソースコード(Type201.f90)をプロジェクトから削除
確認画面
確認画面

Source Filesフォルダを選んで、右クリックから[追加]-[既存の項目]で、先ほど追加した新しいソースコード(Type202.f90)を追加する。

エクスポートしたFORTRANのソースコードを追加する
エクスポートしたFORTRANのソースコードを追加する

ソリューションエクスプローラーの表示が以下のようになっている事を確認する。

プロジェクトにソースコードが追加されているのを確認

以上でプロジェクトの準備は終了です。Type202.f90へ処理内容を記述して、無事ビルドできれば完了です。

動作環境

以下の環境で動作を確認しています。
Windows10 Pro(64bit)
Intel Parallel Studio XE2018 Update2
Visual Studio 2017(ver15.7.1)
TRNSYS18.00.0017(64bit)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です